情報サイト「ガリガリ」

写真拡大

11月5日、大手広告代理店・博報堂がオタクマーケティングに特化したプロジェクトチーム「ガリガリ編集部」を発足した。

同時に、広告担当者のためのオタクマーケティングの情報サイト「ガリガリ」をリリース。すでに数本の記事がアップされ、話題を集めている。

加速するオタクカルチャー、そして「ガリガリ編集部」とは?


「ガリガリ編集部」はオタクカルチャーに強みを持つ博報堂社内クリエイター・プロデューサーが中心となり、オタク文化に即したコミュニケーションを、企画から制作・PRまで一貫して提供するプロジェクトチーム。

近年、アニメキャラクターを用いたCMや、アニメコラボの商品を目にする機会が増加している。その中で、アニメコンテンツを起用したキャンペーンが、直接的なファン層だけではなく、一般層にまで広く話題になり、オタクのポップ化がささやかれている。旧来のタレント起用に代わるような広報手段としてのオタク文化の活用など、広告業界でも注目が集まっている。

キービジュアルはイラストレーターの国道12号さん

情報サイト「ガリガリ」のキービジュアルはイラストレーターの国道12号さんが担当している



さらに、博報堂は「SNS上でトレンドを牽引するインフルエンサーとしてのオタクは、ソーシャルメディア・マーケティングの流れが勢いを増している中で、無視できない存在となっている」と分析。

情報サイト「ガリガリ」では、「甘噛みマガジン」編集長の竹下ジャパンさんや、「サイゾー」などで活躍するライター・稲田豊史さんらが記事を執筆。現在、アニメーション監督・新海誠さんのインタビューなどがアップされている。

今後、企業の広告・プロモーション担当者向けに、オタク系コンテンツを活用したプロモーション事例やトレンドを配信していくとのことだ。