日本バスケ界に一言(4)日立サンロッカーズ・竹内譲次編

 今、日本のバスケットボール界が揺れている。国際バスケットボール連盟(FIBA)から突き付けられた「トップリーグ統一」「男子代表の強化」「日本バスケットボール協会(JBA)のガバナンス(統治)」の3つの国内改革について10月末までの期限内に進展が見られなかったため、JBAの資格停止処分、すなわち国際大会出場禁止の制裁が免れない状況になっている。

 しかし、世間で騒がれている「統一リーグ問題」だけ解決すればいいわけではない。FIBAは最新の公式文書において、「育成世代の強化」についても改善を求めることを強調している。

 今一度、問題点を整理する。FIBAはトップリーグ分裂問題や、育成世代を含む代表の強化において改善を行なってこなかった「JBAの統括能力の欠如」を一番に指摘しているのだ。そのため、たとえ統一リーグ問題が解決したとしても、課された宿題を実行していかないかぎり、警告を鳴らし続けるだろう。FIBAのパトリック・バウマン事務総長は日本に向けて「ONE JAPANESE BASKETBALL」というキーワードを伝えている。最終的にはオリンピック開催を迎える日本がひとつになり、バスケットボールを発展させていくことこそ、FIBAが求めていることだということを忘れてはならない。

 選手の声を聞く連載の最後は、日本代表の主軸である竹内譲次選手(日立サンロッカーズ)。この秋に開催されたアジア大会において20年ぶりの銅メダル獲得に貢献した。代表の現場で戦う竹内選手に、統一リーグ問題の他に、代表の現状と課題を聞いた。危機に直面している今だからこそ、声を上げて議論ができる一歩を踏み出したい。

―― 今までの日本代表は低迷し続けてきました。今回のアジア大会では何が改善されたから3位になれたと思いますか。

竹内:ヘッドコーチが変わったからといって、これまでダメだった日本がいきなりアジアのトップになれるわけではないじゃないですか。今回は何が良かったのかなと思うと、長谷川さん(ヘッドコーチ)のもとで、「チームに貢献したい」という気持ちをみんなが出せたことだと思います。戦術的には、アジアカップ(7月)、ジョーンズカップ(8月)を通してできなかったインサイドのスペースを生かす展開が9月のオーストラリア遠征ぐらいからできるようになってきて、そこに物おじしない辻(直人/東芝)や金丸(晃輔/アイシン)のシューターや、比江島(慎/アイシン)のような運動能力があるガードが出てきて、相乗効果が高まりました。メダルを獲れたこともうれしいですけど、若手が出てきて今後に明るい材料を残せたことは良かったと思います。

―― 長谷川ヘッドコーチは、今年30歳になる竹内選手の代を軸にチーム作りを進めました。自分を含めた最年長組のパフォーマンスはどうでしたか。

竹内:僕と(竹内)公輔(広島)、石崎(巧/三菱電機)、太田(敦也/浜松)の最年長組は結果が求められているので、長谷川さんのバスケを徹底することを意識しました。その中で相手の裏を突くことや、時には相手の出方を見て決まり事を破るような動きがいい判断の中でできるようになった手応えはありました。個人的にはケガで3年間国際大会の公式戦に出られなかった悔しさがあったんですが、やっぱり代表でプレイすることは楽しくて、自分を成長させてくれるものだと実感しました。

―― 成長が見えた大会でしたが、その一方で、ファイナルに進出した韓国とイランとの間には、大きな差がありました。韓国対イラン戦を目の前で見てどう感じましたか。

竹内:あのファイナルは......衝撃でした。正直に言うなら、あの場に自分たちが立っている絵が見えませんでした。あの場で僕らが試合をしたら20、30点...40点負けていたのではと思うほど、心に来るものがありました。

―― どんなふうに、心に迫るものがあったのですか?

竹内:会場が満員ですごい熱気だったというのもありましたが、僕らはコートに立っていないにも関わらず、それでも雰囲気のすごさや気迫に圧倒されました。イランも韓国も試合をした相手だから余計に思うのですが、ちょっとまだ、今の自分たちの実力ではあの場に立てない。2次リーグでイラン、準決勝で韓国と試合をした時に感じた差よりも、決勝を見て感じた差はさらに大きかった。準決勝では韓国とは一桁差(71−63)だったけれど、決勝でやったらもっと差がついてしまうのではないかと。特に、両チームの若手に象徴されていましたが、気持ちのすごさが技術を超越した試合でした。自分たちは3位決定戦で勝って終わったにもかかわらず、決勝を見て負けた感が残りました。それが悔しいし、正直な感想です。

―― アジア上位にはまだ追いつかないのが現状。今回の結果を今後につなげていくために、今、いちばん取り組まなくてはならない課題は何ですか。

竹内:たくさんありますが、いちばんは競争力をつけることです。韓国は選手交代をして誰が出ても力が変わらず、役割に徹していました。日本はメンバーを固定して戦っていたので、韓国戦なんかは疲れてしまったところがありました。3年前のアジア選手権でも、自分と柏木(真介/アイシン)さんがケガをしてしまったのが7位になってしまった原因のひとつでした。誰が出ても力が落ちないように、まずは日本代表の底上げが必要です。

―― 競技の底上げをするためには、代表選手が率先して日常で戦うリーグからやり合っていくことが必要。竹内選手自身はリーグでどのように戦って競技力を高めていきますか。

竹内:僕個人のことで話をしますと、チームの流れが悪くなった時の立て直しと、時には周りが自分に合わせてくれるような存在感を出すことが必要だと思っています。今はその役割ができていないので、もっと自覚を持って引っ張らなくてはなりません。また、今回代表で出番のなかった若手たちが悔しい思いを持ってリーグで戦い、下から突き上げて成長していくことが必要です。自分も若手に負けられないというのはありますし、その気持ちがなくなったら選手生活は潮時。まだ若手に負けているとは思っていないので。

―― 選手が競技力を高めようとしている中、FIBAから制裁を受ける可能性が出てきました。国を背負う立場の選手として、制裁を下された場合の影響をどう考えていますか。

竹内:こういう状況になった時に、選手ができることは何かと考えています。今はリーグ中だし、制裁の決定がされていない中では、自分のパフォーマンスの向上に努めることが一番重要だと考えています。

―― 代表選手として、国際大会の場を失うことの怖さや、怒りはこみ上げてこないですか?

竹内:国際大会の場を失われて経験を積めなくなるのはつらいことです。でも果たして、協会だけが悪いのか、その判断が僕にはつかない部分があります。トップリーグをひとつにしろというのがFIBAの言い分ですが、ニュースを聞いていると協会が全部悪いとなっていて、どういう経緯でこのような事態になってしまったのかは、協会からも、リーグからも説明を受けたことがないのです。もし、制裁が下されて長引くならばそれは絶対にあってはならないことだと思います。

 協会だけが悪いかといったら多分違う。NBL、企業、bjリーグの意見もありますし、企業名を入れるという問題は、本当に全部の企業チームが言っているのでしょうか。bjリーグが完全にプロチームにしたいという意向についても同じで、企業とbjリーグ側の真意が選手には正確には伝わってきません。どの情報が正確なのか今は判断ができず、僕はやっぱり、協会とNBLとbjが歩み寄るしかないと思います。

―― 個人の考えとしては、日本のトップリーグの在り方はどうあるべきだと思いますか。

竹内:僕はひとつのプロリーグでやるべきだと思います。未来の子供たちがバスケ選手になりたいといった時に、サッカーだったらJリーガーになりたい、野球ならプロ野球選手になりたいと言えるのに、バスケだったら「NBLの選手になりたい」「bjの選手になりたい」とふたつに分かれてしまうのは寂しいと思います。そして子供たちの間ではどっちのリーグのほうが上だという話が出る。そこで言い合うのは寂しいこと。子供たちの目指すものはひとつであってほしい。将来の子供たちのためにも、トップリーグはひとつになってほしいです。

―― 統一リーグを作るとして、今、企業チームが抱えている問題点は何だと思いますか。

竹内:プレイオフは別ですけど、観客の少なさは寂しいかぎりです。現段階では企業チームは観客が入らなくても存続できるかもしれませんが、それに甘えている気持ちは一切ありません。今は日立の運営スタッフが企画を組んでくれて、選手も一緒にやっています。でももしかしたらプロチームに比べて努力が足りないかもしれないし、すぐにたくさんの観客を呼ぶのは無理かもしれないけれど、2000人の集客を目指して案を出し合って改善しているところです。そんな中で選手は競技力を上げる努力をすることです。やっぱり、日本の弱さも集客できない原因だと思うので。

―― 今言ったように、日本のリーグ全体として集客が苦しい状況にあります。代表もアジアを勝ち抜くことができない。実際に戦っている選手たちはこのバスケ界の低迷した状況をどのように感じているのか、このままでいいと思っているのでしょうか。意見を聞かせてください。

竹内:自分は去年に選手会を作るまで、与えられた場所だけでバスケをやってきたのだと気づかされました。何かがバスケ界で起きても状況がわからないことばかりなので、逆に、下手なことは言えないと思っていました。でも、選手会で話してみると、みんな何とかしたいとは思っていますし、そのためにも正確な情報を知って判断できるようにならなければいけないです。

 選手会としては、オフに選手主導の(NBLとbjの選手が一緒に)チャリティーバスケをしたことは今までにない第一歩でした。プロ野球などは労使協定がありますが、バスケの選手会はそこまでの力はなくて、今は認知されていく段階です。やはり、選手だったら活躍すればいい待遇になるのは当然のことだと思いますし、統一するといっても、そういう夢を与えるリーグを作らなくては意味がないと思います。今後はそういう問題を含めて、選手会で必要な時はリーグに発言しようという意見も出てきています。

 今はバスケ界が混乱していますが、日本のバスケを盛り上げたいという思いは、企業でもプロチームでも一緒だと思うので、そのことだけは見失わないようにしていきたいです。

【プロフィール】
竹内譲次(たけうち じょうじ)
1985年1月29日、大阪府出身。207cm、98kg
NBL日立サンロッカーズ東京所属。双子の兄・公輔とともに十代の頃から注目され、洛南高校から東海大学に進学。今では、日本代表で欠かせない存在となっている。

小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko