CGアニメ「シドニアの騎士」の3Dモデルデータ発売、無料モデルも配信中

写真拡大

日本のデジタルアニメスタジオ「ポリゴン・ピクチュアズ」(PPI)が、テレビアニメ「シドニアの騎士」で実際に使用した3D モデルデータを発売しました。PPI の親会社アマナが運営するサイト「シドニア堂」にて、2014年11月5日から1年間の期間限定で購入できます。


シドニアの騎士は、弐瓶勉が講談社の漫画雑誌「月刊アフタヌーン」に連載中の正道ロボットSF漫画。今年4月から6月にかけてPPI 制作のテレビアニメが放映され、続編となる「第九惑星戦役」の制作も決定しています。

PPI は米国でデイタイム・エミー賞を受賞した「トランスフォーマープライム」など、フルCG テレビシリーズで知られる制作会社。現在はNHK で放映中の宮崎吾朗監督作品「山賊の娘ローニャ」を製作中です。



シドニア堂では、主人公が乗るロボット「継衛」や主要な登場人物のほか、主人公の好物のおにぎりといった小物のデータも販売中。今後は第九惑星戦役の3D モデルなども順次追加予定です。

販売価格は人物が1人1万4800円から、継衛が6万9800円、播種船シドニアが9万9800円など。谷風長道、星白閑、科戸瀬イザナの制服バージョンのデータは無料配信中です。

購入したデータはZip で圧縮されており、解凍後のフォルダにはFBXファイル、OBJファイル、テクスチャフォルダ、説明書ファイルが入っています。

注意事項としては、「販売商品について、個人として利用する目的以外に複製、改変、変形することを禁じます。 また、個人としてのご利用であってもそのデータを譲渡、販売、公衆送信、通信、貸与その他の方法により、第三者に提供すること、データに付されている著作権等に関する表示を取り除くことは認められません。」としています。

なお執筆時点で、シドニア堂はウチクダかれアクセスが集中しメンテナンス中。再開は18時の予定です。