会場で吉報を待つ宮里藍(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ミズノクラシック 事前情報◇5日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」が三重県にある近鉄賢島カンツリークラブにて7日(金)に開幕。5日(水)、今大会ウェイティングとなっている宮里藍が会場に姿を見せた。
【関連リンク】宮里藍フォトギャラリー
 現在ウェイティングの順位は3番目。上にいる2人が欠場しないと出場できない状況だが、「(上の2人は)日本に来ない」という話を聞いたこともあり会場入り。本戦の朝まで待機し、可能性にかけることを決めた。
 この日はショット、パッティングを入念に確認。先日出場した国内女子ツアー「富士通レディース」では同じホールで3日とも3パットするなど、今もパターに苦しんでいる。しかし「コツコツやれば、自信を取り戻せると思います。以前ドライバーで悩んだときも同じやりかたで掴みましたから」と宮里に焦りはない。
 プロ転向後、国内、米国ともにシードを常に守ってきた宮里にとって、ウェイティングは珍しい状況と言えるが「どちらにしてもやるべきことをやるだけです」。できる限りの人事を尽くして吉報を待つ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>