リンジー・ローハン、英トーク番組でのインタビューに不満

写真拡大

 リンジー・ローハンはトーク番組の司会であるジョナサン・ロスから服役中についての質問を受けたことで「不愉快で居心地が悪くなった」という。

何度か服役刑を科された過去

 英ITV局の上層部にリンジーがカットを申し立てた部分では、ジョナサンがリンジーにどれだけの期間、服役していたのか質問され「分からないわ。その部分は記憶から失くしているの。過去の話よ。ねぇ、この部分は番組に使わないでよ」とリンジーが返している。その後、ジョナサンはその場面を引き合いにだし、「いやいや、あなたをお迎えして、とても楽しかったです。時には緊張感が漂いましたけどね。でもそれは悪いこととは限りません。僕が同じ件について何度も繰り返していたから、あなたがちょっと身構えたのもよく分かります」とコメントした。

 しかしながら、番組の関係者たちはジョナサンの質問でリンジーが不愉快な思いをしたという見方を否定している。ある関係者はデイリー・ミラー紙に「リンジーはずっと楽しそうでしたよ。むしろ服役中の話は喜んで話すつもりで、自分からこの情報を申し出たくらいです」「ジョナサンは素晴らしい回答を得ましたし、番組を通してプロらしい振る舞いでした。素晴らしい仕事ぶりですよ」「だから数日経ってから不愉快な思いをしたと言われてかなり驚いています」と語った。

 2010年以来リンジーは、ネックレスの盗難罪などを含めて何度か服役刑を科されており、刑務所内の混雑により自宅監禁となったこともある。

Written&Photo by bangshowbiz