空飛ぶスーパーカー「AeroMobil 3.0」、実際の離着陸の様子(動画あり)

写真拡大

世界最先端の空飛ぶ自動車「AeroMobil 3.0」が、ウィーンで公開された。250mで離陸、50mで着陸が可能だという。

「空飛ぶスーパーカー「AeroMobil 3.0」、実際の離着陸の様子(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

オーストリアのウィーンで開催された「Pioneers Festival」で10月29日(現地時間)、世界最先端の空飛ぶ車「AeroMobil 3.0」がお披露目された。

『WIRED UK』誌は今夏に、AeroMobilの試作機について紹介した。その段階ではAeroMobil 3.0の披露は2015年に計画されていたが、今回、予定より早く実物を目にすることになった。

AeroMobil 3.0は、昆虫のように折りたたむ翼と、飛行機とスーパーカーを兼ねたコックピットをもつ。今回は、実物だけではなく、飛行している動画も公開された。

AeroMobil社の共同創設者であるユライ・バツリークは、「さまざまなオートショーからたくさんオファーがあったが、われわれにはPioneers Festivalがぴったりだと判断した」と話す。同氏とパートナーのステファン・クラインは、デザイナーや技術者であると同時に起業家でもあり、ふたりのプロジェクトはほとんどが自分たちで資金を調達している。

AeroMobil 3.0は、約250mの草地があれば離陸が可能。着陸なら50mでいい。操縦にはパイロットのライセンスが必要だが、とても安定していて操縦は簡単だと2人は述べる。

忘れてはならないのは「まったく反対の世界にあるものがひとつになるということだ。飛行機は浮力を、自動車はダウンフォースを必要とする」とクライン氏は話す。

そのためには、まずは「ふたつの機能をひとつに統合する」方法がある。「あるいは、変身を利用する方法もある。ある形から別の形へと変身するのだ」とクライン氏。最初、クライン氏はひとつ目の方法を試した。しかし、試作機を経て今回展示されたフル機能のAeroMobilは、変身を使ったふたつめの方法だった。

残念ながら、注文はまだ受けつけていない。お金をどれだけ積もうと、水準を満たす製品の量産開始が確実になるまでは、注文を開始しない方針なのだ。

最終的な価格は、スーパーカーと小型飛行機の間の価格帯になると、バツリーク氏は話している。

TAG

AeroMobilSupercarVideoWiredUK