写真提供:マイナビニュース

写真拡大

平成仮面ライダーシリーズの第1作として2000年〜2001年にテレビ朝日系で放送された特撮TVドラマ『仮面ライダークウガ』の漫画連載が、現在発売中の月刊漫画誌『ヒーローズ』12月号(ヒーローズ)にてスタートした。

『ヒーローズ』の創刊3周年を記念した新連載『仮面ライダークウガ』は、『仮面ライダーアギト』や『仮面ライダー龍騎』『仮面ライダー555』『仮面ライダーディケイド』など数々の平成ライダーを手がけた東映の白倉伸一郎プロデューサーが企画し、その盟友であり『超光戦士シャンゼリオン』『仮面ライダーアギト』『仮面ライダー555』などでタッグを組んだ脚本家・井上敏樹が脚本を担当。そして『悪徒-ACT-』や漫画誌『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の『ガンロック』(ともに原作:猪原賽)などで独自の存在感を示す俊英・横島一が作画を担当する。

月刊『ヒーローズ』は、ヒーロー漫画を連載作品とする月刊漫画雑誌として2011年11月1日に創刊。2008年にアニメ化もされた人気作『鉄のラインバレル』の著者・清水栄一×下口智裕がハヤタ隊員の息子を主人公に描いた『ULTRAMAN』のほか、『逆境ナイン』や『アオイホノオ』の島本和彦による『ヒーローカンパニー』、『GTO』の藤沢とおるがプロデュースする『ソウルリヴァイヴァー』など、あらゆるジャンルのヒーローが活躍する作品が連載されている。

また、現在はヒーローズコミックス第1巻(電子書籍版)の無料配信も実施中で、『天元突破グレンラガン 男どアホウ!編』や『天元突破グレンラガン 男一匹編』、『セーラーゾンビ』『ULTRAMAN』『ソードガイ』などを29タイトルをラインナップ。さらに『ヒーローズ』12月号には、特別付録として人気5作品の「特製ブックマーカー」が封入される。

(C)石森プロ・東映