いつでも体の状態をチェックできる

写真拡大

 エプソンは、腕に装着するだけで脈拍を計測し、運動強度やカロリー収支、睡眠など体の状態を知ることができる活動量計PULSENSE(パルセンス)「PS-500B」、「PS-100シリーズ」を2014年11月6日より発売する。

腕に着けるタイプで、1日の体の状態をしっかり記録

 歩数や消費カロリーといった日々の活動量を体の動きから計測する、ウエアラブル(身に着けられる)タイプの活動量計。

 血中のヘモグロビンが光を吸収する性質を利用し、手首の血管にLED光を照射することで起こる血流の変化から脈拍数を計測する。体の動きだけでなく、脈拍を通じて「体の負荷」まで計測するため、より正確に運動の強度や消費カロリーなどを把握することができる。また、脈拍と活動量から睡眠に入ったことを自動で検知し、睡眠時間や眠りの「深い」「浅い」を可視化する。運動量が少ないときに脈拍が高ければ「エキサイト」、低ければ「リラックス」として記録され、1日の健康状態を把握する助けになる。健康管理やトレーニング効率の確認など、生活のさまざまな場面で活躍する。

「PS-500B」は液晶表示タイプで、「PS-100シリーズ」はバンドタイプ。手首の太さに合わせたS、Lの2サイズから選べる。価格はオープン。