東日本大震災で被災した子供のぜんそく発症率が通常の2倍

ざっくり言うと

  • 厚労省の調査で、3.11で被災した子どもの喘息発症率が2倍だとわかった
  • アトピーと診断された率とともに、被災していない子どもを大きく上回る
  • 避難所・仮設住宅で、カビ、ダニに触れる機会が増えたことが原因の可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング