誰もが意表をつかれたエース・村山謙太(4年)の1区起用。それは駒澤大学・大八木弘明監督の、勝利への強い思いの顕れでもあった。「学生たちはともかく、自分としては勝利の感動は初優勝の時の方がありましたよ。それより今は、三大駅伝のどれかは勝っておかなければいけないという義務感のようなものもあるから......」と、大八木監督は笑う。だが、全日本大学駅伝史上3校目の4連覇を達成し、日体大と並んでいた最多優勝の記録を12に伸ばすことで、一歩抜け出したいという思いは強かった。

 昨年の全日本でも、駒大は出雲駅伝に続いて3年生の主力のひとりである中村匠吾を1区に起用して先手を取る作戦で圧勝した。だがその時は、3年生のもうひとりの主力の村山と4年生エースの窪田忍がいて、彼らを後半の主要区間に置けるからだった。今年はそれとは状況が違った。主力の中村は春までの疲労で夏場はどん底に落ち込み、一時はチームを離れたほど。10月の出雲駅伝にエントリーはしたが、まだメンバー入りできる状態ではなく、エース格に昨年のような分厚さはなかったからだ。

 その中で村山から、「1区を走ってチームを流れに乗せたい」という志願があった。

 最大のライバルとなる東洋大学は、設楽啓太・悠太兄弟が卒業してエースは服部勇馬(3年)だけ。早稲田大学も怪物・大迫傑がいなくなり爆発力は無くなった。チーム内でもエース区間の2区を志願した中谷圭佑(2年)の成長に加え、中村が7〜8割まで復調してきたことも、大八木の決断を後押ししたのだろう。「考えてみればうちは後ろから追いかけるより、先手を取って前でレースを進めた方が強いから」と。

 勝負をかけた1区。大八木は村山に「途中から行け」と指示をした。彼の実力を出せば大差を付けて2区以降につなげると考えていたからだ。

 それは村山も意図したことだった。「弟の紘太(城西大学4年・アジア大会5000m出場。箱根駅伝予選会1位)は2区を希望してたけど、僕が、シード権を狙うなら1区で流れを作った方がいいと薦めたんです。ふたりで5kmから飛び出そうと話をして。最初からふたりで引っ張り会うのは他大学も予想することだろうから、それの裏をかこうと思っていました」と言う。

 誤算もあった。村山は、第一工業大学のジョン・カリウキ(3年)や日本インカレ1万m日本人トップの平井健太郎(京都大学3年)もいるので、最初の5kmは14分15秒くらいのハイペースになるだろうと予想していた。だが牽制し合ったことにより14分41秒で通過。「5kmから出たが、それまでスローだったのでリズムに乗れず、前へ出ても体が重かった」と村山は語る。また弟の紘太も、予選会のあとの疲労が残り、5日前には38・5度の熱を出していた。そのため他の選手を一気に突き放すことはできず、ジワジワ突き落としていく展開になり、最後は村山兄弟と大東文化大学の市田孝(4年)によるスパート合戦になり、3人が1秒差の中で中継する混戦になったのだ。

 それでも村山兄弟ダブル1区の威力はあった。ふたりのスピードを意識しすぎた東洋大の服部弾馬(2年)は力みで3km過ぎから遅れ始め、駒大から1分10秒差の10位。早大の柳利幸(3年)も5kmからの仕掛けに付いていけず1分7秒差の8位に。警戒をしていた明治大学も1区のスペシャリストの文元慧(4年)に硬さが出て17位。粘っていた青山学院大学の一色恭志(2年)も48秒差と突き放したのだ。

「村山さんが後続を離してくるという予想とは違ったけど、優勝争いをするライバル校には差をつけてきたので」と語る2区の中谷は冷静に走り、城西大と大東大を突き放した。

「去年は5区で区間賞を取ったけど、つなぎ区間だったから。主要区間の2区を同学年の西山雄介が走り悔しかったので、今年は2区を志願した」と言う中谷は、東洋大のエース服部にもわずか9秒しか差を詰められずにタスキをつないだ。そして3区では西澤佳洋(4年)が、東洋大の酒井俊幸監督が試しの意味も持って起用した桜岡駿(2年)を後半で突き放して差を1分22秒に広げる。4区の中村は、湿度が高かったのと、本格的な実戦が半年ぶりだったこともあり、序盤は1km3分を切る程度のペースで自重したが、8km過ぎからは本来の走りを見せて、東洋大との差を2分04秒まで広げて優勝を確実にした。

「でもあの時点では5区に1年生の工藤有生がいたから安心はできませんでした。彼が区間2位で走ってくれ、6区の西山勇介(2年)と7区の黒川翔矢(4年)がしっかりつないでくれたので、そこでやっと安心できました。湿度が高かったので、7区終了時点で2年前の大会記録の通過タイムを上回っていたのは驚いたけど、そこで大会記録を狙うのではなく、アンカーの馬場翔太(3年)には安全運転で入らせました」(大八木監督)

 馬場は、前回の箱根の5区を1時間19分54秒の区間3位で走って以来、着実に安定感を増し、5000mでも13分台を出して成長している選手。7区終了時点で2位に上がった青学大との3分50秒差を背に、区間5位の59分47秒ながら、あぶなげない走りで優勝を決めた。

 大八木監督は「東洋大も、エースの服部勇馬が1区か2区にくるだろうと思ったけど、うちとしては思っていた通りの展開になりました。1区の村山もペースが遅いときに行く勇気を出せなかったけど、ライバルを離すという仕事は確実にやってくれたし、5区に入れた1年生の工藤も去年の中谷よりいいタイムで走っていますから」と笑顔を見せた。

 だが箱根をにらめば、東洋大も今回の4位という悔しさをバネに状態を上げてくるはずだ。「試すために起用した3区、5区、6区では、最後の3kmで駒大に30秒やられている。これから1カ月半どう走り込んで、どう気持ちを作っていくかが勝負」と、酒井監督は語る。

 また7位に終わって8年ぶりにシード権(全日本では6位までに与えられる)を失った早大も、箱根では最強の5区候補・山本修平(4年)と6区候補・三浦雅裕(3年)がいる。その山本は今回、4区で中村に8秒差の区間2位と好調。三浦も箱根の6区を58分台前半で確実に走ることができるはずで、このふたりがいる自信を背景に、他の区間の選手も余裕を持って走れるはずだ。

 さらに今回2位の明大や3位の青学大も、この結果に自信を深めており、大混戦も予想される。

 ただ今回、大八木監督がとった村山1区起用は、そんなライバル校にとって大きな煙幕を張ったことにもなった。彼が完調で、なおかつ弟の紘太も1区 に起用されれば、ふたりで引っ張りあって5km14分15秒前後のハイペースになることも考えられる。ハーフマラソンに換算すれば佐藤淳史が持つ1時間 00分25秒の日本記録に迫るようなペースで突っ走ってしまうことも可能だからだ。
 現時点での学生駅伝界のエースともいえる村山の1区起用を各大学の監督たちが想定するようになれば、当然エース格の選手の1区起用を念頭におかなければならなくなり、それぞれの区間配置構想の幅も狭まってしまうことになる。
 全日本での村山1区起用での勝利は、箱根へ向けて、ライバル校の監督たちの心の中に疑心暗鬼をジワリとしみ込ませる先制攻撃だったともいえる。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi