イランで離婚が急増 女性の個人主義が要因か

ざっくり言うと

  • 保守的に見えるイランも、離婚の急増に直面していると報じられた
  • 2006年以降、同国の離婚率は1.5倍増の20%に上っている
  • 原因は社会の変化で、女性の自立や個人主義の台頭があげられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング