『川の底からこんにちは』 ©PFFパートナーズ

写真拡大

映画祭『ワーカーズ2014 はたらくを考える7日間』が、12月13日から東京・渋谷のユーロスペースで開催される。

【もっと写真を見る】

「働くということについて考える」をテーマに掲げ、日本大学藝術学部映画学科の生徒によって開催される同イベント。近年増加しているプレカリアートにまつわる様々な問題を背景に、映画の中で「働く」人々の姿を通して、現代の労働を見直すことを目的としている。

上映作品は、溝口健二監督『赤線地帯』、鈴木秀夫監督『その場所に女ありて』、土本典昭『ある機関助士』、アキ・カウリスマキ監督『浮き雲』、富田克也監督『サウダーヂ』、ケン・ローチ監督『この自由な世界で』、ジャ・ジャンクー監督『四川のうた』、石井裕也監督『川の底からこんにちは』など、パッケージ化されていない作品も含む15作品。