結婚圏外にされちゃう!? 男性が、女性の金銭感覚を見抜く瞬間「●●の利用率。出費に無頓着なのかと思う」

写真拡大

ただの彼氏彼女なら、「今がよければOK」というお付き合いも楽しいものです。しかし結婚を考える相手となると……きちんとした金銭感覚が身についていることも、重要なポイント! 中には、ここで「この子はナシだな……」と判断する男性もいるようです。男性が女性の「金銭感覚」を判断しているポイントを教えてもらいました。

■つい寄ってしまう●●はNG!?

・「コンビニの利用率。何でもコンビニで買うようだと出費に無頓着なのかと思ってしまう」(35歳/情報・IT/技術職)

・「コンビニでの買い物の仕方。いっぱい買い物する人は金銭感覚が鈍いと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

仕事の前や帰宅の前に、つい寄りたくなるのがコンビニですが、利用しすぎは危険なようです。便利なところも多いですが、価格はスーパーと比較して高めなことも。「なんでもコンビニ」という習慣は、改めたほうがいいかも。

■外食のレベル

・「食事は外食中心というのを聞くと金銭感覚がわかる」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「飲みに行くお店のグレード」(31歳/小売店/事務系専門職)

食事や飲みで、行きつけの店がある女性も多いのでは? 安すぎても高すぎても印象は悪そうなので、「値段はそこそこで雰囲気のいいお店」を発掘するのがよさそうですね。

■ブランド品の買い方

・「値段を見ないでブランドものを買う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

好きなモノはプライスレス! 自分へのご褒美なんだから……という女心もわかりますが、男性には見せないほうが無難かも!? 「コツコツためて、やっと買う!」的な演出を心がけてみては?

■オシャレな女性は魅力的。でも……

・「洋服を定価で買うかである程度の価値観がわかってしまう」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「普段の格好で、いろいろな服やグッズを持っている。多少お金使いが荒いのかなと思ってしまう」(22歳/機械・精密機器/営業職)

流行の服や小物を欠かさず手に入れる女性は、確かにオシャレです。しかし金銭感覚的には、少々不安を感じる男性も多いよう。上手な着まわし力を身につけて、オシャレさと堅実さを同時にアピールしたほうがよいかも?

■カードの使い方

・「給料前にカードを使っているような人は注意」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「買おうとする物の一般的な相場やカードの使い方(手数料がつかないような買い方をするかなど)」(35歳/運輸・倉庫/その他)

働く女性の味方といえば、クレジットカード! しかしむやみに使ってはいけません。使うなら計画的に、そして特徴を理解してスマートに使いこなせるよう努力しましょう。

結婚相手候補として認識してもらうためには、「金銭感覚の一致」は避けて通れないハードルです。男性の判断ポイントを頭に入れて、上手に「堅実さ」をアピールしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年10月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳〜39歳の社会人男性)