セネガルの畜産業者たちのデジタル革命:マイクロソフトも連携する国家的取り組み

写真拡大

セネガルでは、畜産業者や家畜に関するデータの不足が、伝染病で大きな被害の出る原因となってきた。「Daral Technologies」は、デジタル技術を用いてセネガルの畜産を変革しようとしている。

「セネガルの畜産業者たちのデジタル革命:マイクロソフトも連携する国家的取り組み」の写真・リンク付きの記事はこちら

Daral Technologiesは、セネガルのイノヴェイティヴなプロジェクトだ。誰が動物を所有しているのか? どんな種類の動物なのか? 国のどの地域にいるのか? そうした統計に対する(この国にはまだ存在しなかった)要請から生まれた。

家畜の「所有者」とその家畜の「身元確認」をデジタルで処理することで、統計をつくるだけでなく、動物盗難などの問題を解決する助けにもなるだろうとされている。

例えば2007年、アフリカ馬ペストがセネガルで20億CFAフランの被害を引き起こした。その主要な原因は、畜産業者の側の、病気の予防と治療に関する情報の欠如だった。

プロジェクトでウェブアプリとSMSが果たす機能は3つだ。フラニ族の畜産業者でプロジェクトの考案者、アマドゥ・ソウによると、「まずは、デジタル化したシステムを通して畜産業者の身元確認をします。名前と顔写真に、居住地、電話番号、所有している動物の数のような、すべての個人情報がひもづくことになります」。

彼は続ける。「登録を終えると、IDコードを付与します。このコードを家畜につけることで、行方不明や盗難の場合にすぐに照合し、本来の所有者のところに再び戻すことができるようになります」。

そしてプロジェクトが用意したもうひとつの機能が「マルチメディア・ライブラリー」で、これは家畜を襲う伝染病を予防し、田舎の地域において予防活動を普及させる目的をもっている。


TAG

AgricultureBusinessDataFoodICTWIRED IT

この機能では、携帯電話用のモバイル・アプリを利用する。家畜の健康問題に気づいたらその様子を撮影し、動画を畜産局の専門家や獣医たちの管理する情報プラットフォームに送ることができる。

プラットフォームの製作者はこう説明する。「専門家たちは診断書を作成したあとで、推奨される治療を添えたメッセージを村落のレファレンス・センターに送り返します。同時に他の村落の畜産業者たちにも、最初の動画とその病気の診断を広めます。そうすることで、特定の病気の存在を周知できるのです」。

プロジェクトは、セネガルの畜産省とパートナーシップを結んだ。畜産省は集めたデータを通して、この分野の統計を作成することができるだろう。そうなれば、この国で最も発展している産業にとって非常に役に立つことだろう。

プロジェクトのさらにもうひとつの機能は、動物の盗難や予防注射、病気などに関する連絡や警報のためのSMSサーヴィスを畜産省に提供するというものだ。それだけでなく、マイクロソフトとのパートナーシップを結んだ。同社は、Daral Technologiesプロジェクトが立ち上げた各村落のセンターに対して、コンピューターやインターネット接続や、プロジェクトの地域責任者を育成するためのトレーニングを提供する。

いわゆる「ICT4Agriculture」、つまり、情報へのアクセスを容易にして、第一次産業で働く当事者たちの間のコミュニケーションを促進するために開発された技術的イノヴェイションの総体は、この大陸において第一次産業を向上させていくための、効果的なツールであることを日々明らかにしている。

アフリカ発展パネル(Africa Progress Panel)によって作成されたレポートによると、アフリカは、都市地域に住む増加しつつある人口を養い、世界の食糧需要を満たす潜在能力をもっている。

TAG

AgricultureBusinessDataFoodICTWIRED IT