「紙の月」監督はオーラない? 豪華キャストが“吉田組”振り返る。

写真拡大

「八日目の蝉」など女性層に抜群の人気を誇る直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督がメガホンをとり映画化した「紙の月」。そのプレミア試写会が11月2日に行われ、宮沢りえ、池松壮亮、大島優子ら豪華キャストが一堂に会した。

新宿ピカデリーの大階段にひかれたレッドカーペットには、シックな黒で統一された衣装でキャストが登場。全員が揃ったところで、宮沢演じる梨花が写された“100万ドルりえ札”が舞い落ちるという演出に、キャスト・マスコミから歓声が沸き起こった。

また、先日の東京国際映画祭で受賞した最優秀女優賞および観客賞のトロフィーを宮沢、吉田監督がそれぞれ手に持ち、豪華フォトセッションも実施。その後、劇場に移動し、舞台あいさつを行った。

吉田監督率いる“吉田組”の現場について宮沢は「カメラマンは普段CMを撮っている方だったり、スタッフ皆がみんな、映画を作ってきた人ではなく、異物同士が集まっていて、一体感にたどり着いていないスタートでした。撮影が始まり濃密な時間が重なって、異物が密集してパズルのピースが合うように一体感を得られたこと、その変化が、梨花が心の変化を遂げていくのと相まってうれしかったです」とコメント。

大島は「吉田監督は的確で繊細に指示してくださる方なんですが、そこまで? マジで? と思ったのは、札勘するシーンでした(笑)。『お札の高さが違う』って言われまして、『もうちょっとお札を上げて』という指示で私の顔が見えなくなっちゃうと思ったら、今度は『大島さんを上げてー』って!私の椅子も上げられて(笑)。本当にディテールにこだわる方でした」、田辺誠一は「知らずに傷つける旦那ということだったんですが、ただこの旦那だからこうなったんだと、やりすぎないようにと監督から言われましたね。また、その温度のずれを宮沢さんが受けで演じてくださいました」と撮影を振り返った。

また、近藤芳正は「褒め言葉なんですけど、監督にオーラがないんです(笑)。細かく言われても嫌な感じがしないんです。安心感がありました」との吉田監督評。石橋蓮司は「初めてご一緒する監督なので緊張しました。化石みたいな演技と言われるのですが、化石なりに頑張りました(笑)」、小林聡美は「勤続25年のベテラン銀行員の役だったので、お札を数える練習を随分したんですが、映画を見たら、そのシーン全部カットされていました!見えないところで努力したということで、監督ありがとうございました(笑)」とベテラン組も吉田監督の現場を語った。

そして、池松は「印象的だったのは、ラブホテルのシーン。ベッドでりえさんが飛び跳ねていました(笑)」と暴露。宮沢は「めったに行かないのでテンションあがっちゃったんです! お部屋のデコレーションのすばらしさに感動しちゃいました(笑)」と、楽しかったそうだ。

キャストの面々のコメントを受け、吉田監督は「半分クレームだったような…(笑)。ここにいる誰一人欠けても僕の作りたかった『紙の月』ではなくなります。皆さんを誘って集まっていただけて、自慢できるとすれば、これだけの人たちを集めて映画の中で素晴らしい演技をしていただくだけの場所を用意できたこと。オーラがないなりに仕事をしました(笑)」と総括した。

映画「紙の月」は11月15日(土)全国ロードショー。