国連職員がエボラ感染、パリ郊外の軍病院に隔離入院

ざっくり言うと

  • フランス保健省が2日、エボラに感染した国連職員が隔離入院したと発表した
  • 発表によると、治療は国連からの要請によるもの
  • 搬送には感染防止のため特別機が使われ、患者の国籍は明らかにされていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング