オーダーメイド服の仕立てをデジタル化。イタリア発スタートアップ「Lanieri」

写真拡大

イタリアの5人の若者たちが設立したスタートアップ企業「Lanieri」は、メイド・イン・イタリーの伝統的な服の仕立てに3Dボディスキャナを取り入れ、プロセスの大部分をオンライン化する。

「オーダーメイド服の仕立てをデジタル化。イタリア発スタートアップ「Lanieri」」の写真・リンク付きの記事はこちら

オーダーメイド服の仕立てといえば、地上で最も伝統主義的な分野のひとつだと思われている。しかし、テクノロジーは、巻き尺がもてはやされているような場所にもやって来た。

特に、数年前から、3Dボディ・スキャナが──とりわけアメリカで──モードの世界に足を踏み入れている。そしてこのテクノロジーを採用することに決めたブランドのなかには、高級仕立て服を扱うイタリアのスタートアップ企業「Lanieri」もある。

2012年に5人の若者、シモーネ・マッジ、リッカルド・スキアヴォット、マッティーア・ベルナルディ、エドアルド・ヤコポッツィ、アルベルト・ヴィガーダのアイデアから誕生したLanieriは、自分用にカスタマイズした服をつくることを可能にする「デジタル・ライブラリー」と「オンライン販売」、「メイド・イン、イタリー」「3Dスキャナー」をもとにしたビジネスモデルを武器に、モードの世界に足を踏みいれた。

5人の共同経営者たちは、トリノ工科大学とそのインキュベーション組織「I3P」のコラボレーションで開催された「Start Cup Piemonte 2012」の受賞を目標に、本気で取り組みを始めた。このとき彼らは総合第2位、ICTスタートアップで第1位と判定された。これが重要な一歩となった。というのも、まさにこの時、ビエッラの羊毛加工の老舗「Successori Reda」がこの若者たちに投資をすることに決めたからだ。


TAG

3DFashionFashion InnovationStartupWIRED IT

「わたしたちがしていることは、伝統的な仕立て屋と同じ方法を、現代的に用いることです」と、創設者の1人、シモーネ・マッジは説明する。「ボディスキャンを行う企業は非常に多くあります。しかし、わたしたちはこのテクノロジーを必要に合わせて使い、服の仕立てのプロセスを完全にオンライン化したのです。わたしたちの核心はテクノロジーにあって、これから伝統的な製品を、現代的な方法で生産することに挑戦したい」。

彼らの哲学が最もよくあらわれているのが、赤外線3Dボディスキャナーが設置された個室だ。クライアントのアナトミックなサイズを数秒で測ることを可能にする。赤外線を体の表面にあて、ポイントが設定される。

この計測結果をもと、ソフトウェアがクライアントのサイズを割り出す。その結果はオンライン・プロファイルに保存され、また次回購入する際にも再び利用することができる(とはいえサイト上では、スキャンを受けなくても、自分のサイズを入力することもできるのだが)。

このスタートアップはウェブを活動のベースにしているが、人々との面と向かい合っての接触を無視することはできない。それは当然のことながら、スキャンは直接行う以外にないからでもある。

「わたしたちはオンラインで活動していますが、クライアントにアプローチするために、臨時ショールームを開きます。すでにミラノとロンドンに行きましたが、ヨーロッパの他の場所でも実施する計画があります」と、シモーネは説明する。

次の挑戦はと問うと、「タグを非常にクリエイティヴに利用した服を生み出すこと」だという。これはまだ、これから書かれるべき章である。

TAG

3DFashionFashion InnovationStartupWIRED IT