投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、11月3日〜11月7日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、4日に開催される年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のガバナンスを議論する検討作業班の第1回会合、7日に発表される米国10月の雇用統計に注目する展開となる。

 リスク要因は、イスラム国を空爆している有志連合国でのテロの可能性、エボラ出血熱の感染拡大懸念、第2次安倍政権の閣僚のドミノ辞任、地政学的リスク(ウクライナ情勢、中東情勢)の緊迫化などが想定される。ただし、GPIFによる外貨建て資産への投資増額期待は一段と高まっており、ドルの下値は限定的だと予想される。

【年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)改革】(4日)
 GPIFのガバナンスを議論する検討作業班の第1回会合が開催される。年金改革の進展は、安倍トレード(日本株買い・円売り)第2幕の幕開けが近いことを示唆することで、日本株買い、円売り要因となる。

【米国の10月の雇用統計】(7日)
 米国の10月の雇用統計の予想は、失業率が5.9%で9月の5.9%と変わらず、非農業部門雇用者数は前月比+23.0万人で、9月の+24.8万人からの増加幅の減少が見込まれている。

 予想通りに雇用情勢が改善した場合、12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げまでの「かなりの期間」という時間軸が削除される可能性が高まることで、ドル買い要因となる。予想に反して雇用情勢が悪化した場合は、低金利政策の長期化観測から、ドルは上げ渋る展開となる。

【米国サイドのドル買い要因】
 米国財務省が「インバーション(税率の低い国への本拠地移転)規制」を打ち出したことで、年末に向けた米国企業による利益送金(ドル買い)圧力が強まる可能性が高まっている。また、カーニー金融安定理事会(FSB)議長が、国際的に重要な巨大銀行18行に対して、自己資本比率の増額、保有資産のリスク評価の厳格化を要請しており、ドル買い圧力が強まりつつある。

 11月3日-7日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)10月ISM製造業景況指数- 3日(月)日本時間4日午前0時発表
・予想は、56.5
 参考となる9月実績は56.6で8月の59から低下した。 9月実績は事前予想を下回ったが、自動車需要は拡大しつつある。10月の新規受注が9月並の60程度であれば、生産活動の拡大はしばらく続くことが期待できる。全体的には9月実績と同水準になるとの見方が多く、市場予想は妥当な水準か。

○(米)9月貿易収支- 4日(火)午後10時30分発表
・予想は、-400億ドル
 参考となる8月実績は-401億ドルで赤字額は予想を下回った。輸出額 は若干増加したが、石油輸入額が減少したことが貿易赤字の縮小につながったようだ。9月については、輸出入額が同程度の伸びとなると予想されており、市場予想は妥当か。

○(米)10月ADP雇用統計- 5日(水)午後10時15分発表
・予想は、+21.4万人
 参考となる9月実績は、+21.3万人。建設、製造業、サービス業の雇用者数はそれぞれ増加した。小企業の雇用者数は増加しており、10月については9月と同水準の雇用増が期待できる。

○(米)10月雇用統計- 7日(金)午後10時30分発表
・予想は、非農業部門雇用者数は+23.0万人、失業率は5.9%
 参考となる9月実績は、非農業部門雇用者数が+24.8万人、失業率は5.9%。失業率が6%を下回ったことは予想外。ただし、賃金の伸びは抑制されており、雇用状況は良好であるとは言い切れない部分がある。10月については、10月中旬の新規失業保険申請件数を参考にすると、市場予想は妥当な水準か。失業率は5.9%で横ばいと予想する。

 主な発表予定は、4日(火):(米)9月製造業受注指数、5日(水):(米)10月非製造業ISM景況指数。

【予想レンジ】
米ドル/円:110円00銭-115円00銭