結婚後のお小遣い制はあり? 「あり」派の男性は53.3%! ただし理想額は……

写真拡大

結婚後のお金の使い道は、独身のときとはガラリと変わると言われています。男性にとってもそれは同様。それまでは自由に何でも買えていたのに、結婚した途端、お小遣い制でカツカツに……なんて話も、よく耳にしますよね。そこで、このお小遣い制について、男性の本音を聞いてみました。

Q.あなたは結婚したら、自分のお小遣い制は「あり」だと思いますか? 「なし」だと思いますか?

「あり」だと思う……53.3%
「なし」だと思う……46.7%

「あり」だと思う男性のほうが、少しだけ多い結果になりました。それぞれを選んだ理由、そして「あり」と答えた男性には、理想のお小遣い金額も教えてもらいました。

<お小遣い制はあり!>

■お任せします

・「自分でお金の管理ができないから」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

お金の管理には自由と責任がつきものです。家族で幸せに生活するためのやりくりは、決して簡単なことではないのかもしれませんね。積極的に「管理してほしい!」と望む男性もいるようです。

■節約!

・「逆に飲み会が断りやすくなるから。1カ月4万円ぐらいが理想」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「家族ができれば将来のこともあるし、仕方ないと思う。4万〜5万円」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「計画的にお金を貯めたいので、3万円くらい」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

節約のためには、お小遣い制が断然有利! 自分が毎月どれだけ使っているのかも、把握しやすいでしょう。もしも彼にお小遣い制を承諾させたいなら、こんな点から切り込んでみては?

■理想と現実

・「仕方ないと思う。理想は10万円ぐらい、でも現実は4万円ぐらいだと思う」(38歳/情報・IT/技術職)

理想と現実の間で揺れる男心がこちら。これくらいあげられたら、奥さまとしてもうれしいのでしょうが……夫の働きに期待!?

では次に、お小遣い制反対の男性意見も聞いてみましょう。

<お小遣い制はなし!>

■自分のお金だから

・「どうして自分で働いたお金を小遣い制にされるのか。理想を言えば、全額好きにさせろと思う」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「監視されているようで嫌だ」(25歳/農林・水産/技術職)

自分の稼いだお金は自分だけのお金! お小遣い制反対の男性には、こんな意見が目立ちました。こんな男性を納得させるのは難しいかも……? 基本的には彼にお任せして、生活費と貯蓄費の分担だけはきっちり話し合っておきましょう。

■管理できます!

・「金銭感覚では負けない」(27歳/金融・証券/営業職)

「お金の管理は妻の仕事」と、決められているわけではありません。中には、女性よりも男性のほうが、お金の管理に向いているケースも。

お小遣い制を「あり」と考える男性は、「月に3万円〜5万円」程度のお小遣いを望む方が多いようです。お小遣いを切り詰めすぎて、彼のモチベーションを下げてしまうのは望ましくないので、お互いに納得できる金額を話し合ってみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年10月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳〜39歳の社会人男性)