連続増配株で配当金が18倍になったワザ& 平時は株主優待株、暴落時は●●株で稼ぐワザとは?

写真拡大

10月21日発売のダイヤモンド・ザイ12月号では特集「忙しくても大きく儲けてる!アズラリーマンなどの勝ち組投資家の株のワザ」を掲載。株で億の資産を作った人などの様々な「株で成功するオキテ」を紹介しているが、その中から高配当株で資産を増やした立川一さんと株主優待株&●●株で大儲けのなちゅ@市川さんの「株で成功するオキテ」を教えよう。

増配が継続すればいずれ株価も上がる!
低成長の高配当株より連続増配株を狙え

 立川一さんが実践しているのは、「配当」に着目した投資法だ。といっても、「配当利回り」や「配当性向」ではなく、「連続増配」を重視している。

「配当を毎年増やせるのは、ビジネスがうまくいっているから。事業や財務の分析は簡単ではありませんが、増配に注目することで、業績が順調で、将来的にも比較的安心な銘柄に投資できます。また増配が続けば、いずれは株価にも反映します」(立川さん)

 現在は、今後配当を増やせそうな銘柄にも投資している。

「たとえば、エスクリ(2196)は2年前には無配でしたが、成長余地などを見て投資を決めました。15年3月期の予想配当は11円です」(立川さん)

逆に、配当利回りが高くても、利益率の低い商社や開発リスクのある医薬メーカーには積極的には投資しない。

 目標は、保有株式全体で毎年20%ずつ配当を増やしていくこと。配当が成長する効果は、増配のない高配当株と比較をすれば一目瞭然だ(図)。

 保有銘柄では、主力のCDS(2169)が7年間で7.2倍に、ベネフィット・ワン(2412)が11年の間でなんと16.8倍に配当を増やしている。

「もちろん、同じ銘柄で毎年必ず2割増やすのは難しいが、銘柄の入れ替えや市場の暴落時に安く買う、自己資金の追加投入などの方法で、トータルでの2割増に近づけています」(立川さん)

 一言で高配当株投資と言っても、そのやり方には様々な方法がある。立川さんのように、増配という視点に立った高配当株投資も魅力的なのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)