写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でハロウィーン当日の31日、ゾンビの仮装をした2,000人のゲストが、パーク史上"最恐"のストリート・ゾンビ軍団と一同に踊る「スペシャル・ゾンビ・モブ」が開催された。

毎年人気の秋イベント「ハロウィーン・ホラー・ナイト」のストリート・ゾンビが、この日限りの特別な振り付けで、事前に募集したゲストと共に名曲「スリラー」に合わせてダンス。会場を埋め尽くすゾンビの群れが一斉に踊り出す、壮大なスケールのショー・エンターテインメントが繰り広げられた。

ゾンビ仮装をして参加したゲスト2,000人は、アドレナリンあふれる"絶叫ハイ"を全身で体感。全身ゾンビ仮装で参加した女性は、「初めて仮装に挑戦したけど、普段の自分じゃないみたいな開放感でした!」と仮装を満喫し、「何より2,000人との一体感があって、リミットはずれる体験でした。来年も絶対に来ます!」と『スペシャル・ゾンビ・モブ』に大興奮だった。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、11月9日まで「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」を開催。夜の「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」では、「ストリート・ゾンビ」をはじめ、初登場の2つのアトラクション「チャッキーのホラー・ファクトリー」と「呪怨〜呪われたアトラクション〜」など、 パーク最多7つのホラー・アトラクションが楽しめる。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン