画像は「少年ジャンプ+」のスクリーンショット

写真拡大

集英社によるマンガアプリ「少年ジャンプ+」にて、あまりに過激な演出だったためか第1弾が公開停止となって話題を呼んだ「【裏技入り】To LOVEる-とらぶる-ダークネス」の第2弾が、10月31日(金)に公開された。

本作は全ページフルカラーの上、スマートフォンでタップやシェイクをすると絶妙なシーンで絵が動く演出を楽しめる、“裏技入り”マンガだ。

配信停止上等!? 飽くなき挑戦を続ける「少年ジャンプ+」


今回配信された「【裏技入り】To LOVEる-とらぶる-ダークネス」は、第1弾が9月26日に配信されたものの、同日、諸般の事情でアプリ版での配信を停止している。

掲載されたお詫び文には、読者への謝罪の言葉と共に、「内なる神が荒ぶって鎮まらない」方にはブラウザ版からの閲覧を推奨していた。

今回も、注意書きとして「※なお本作品は予告なしで配信ストップとなる場合がございます。お察し下さい。」の一文が添えられており、中身もいつ配信停止してもおかしくない内容となっているため、今すぐにアプリからの閲覧をオススメする。

10.31.13:44 追記 大人の時間に何かが起こる!


さらに、新情報として、夜になると内容に変化もあるとか…? まさか、第1弾では見えていた、ある部分が露わになる…!?




神になった男


『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』は、2010年から『ジャンプSQ.』で連載されている、矢吹健太朗さん漫画・長谷見沙貴さん脚本による作品。

『週刊少年ジャンプ』に連載されていた『To LOVEる -とらぶる-』のスピンオフという位置付けながら、年齢制限なしの作品にも関わらず度々登場する過激なシーンが話題を呼んでいる。

エロマンガ顔負けのキワドいシーンのオンパレードで、美少女の姿態の描写に定評のある矢吹さんのことをネット上では「矢吹神」と呼びならわすまでになっている。