連休が多く、まとまった休みをとりやすい秋は旅行のシーズン。航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏が『週刊ポスト』11月7日号(10月27日発売)で始めた新連載「“おとな旅”コンシェルジュ」から、奄美大島の旅を快適に楽しむ提案をする。ここではグッと行きやすくなった航空運賃についてのお得情報だ。

 * * *
 沖縄は何度も訪れてるけれど奄美大島には行ったことがないなぁ……という人、そういった人が意外と多いかもしれない。それもそのはず、これまで奄美大島までは羽田からの往復航空運賃が6万円前後もしていたため、気軽に行くには少々ハードルが高かったのだ。

 ところが、今年7月にバニラエア(ANAが出資するLCC=格安航空会社)が成田から最安運賃だと片道5500円(日によって運賃は変動)で就航。俄然、奄美が身近になったのである。

 バニラエアが飛び立つのは羽田空港ではなく成田空港。都心から離れているのが玉にキズだが、東京駅から片道900円〜1000円で利用できる格安バスも出ている。LCCなので大手航空会社では当たり前の座席指定は有料となり、当日空港でも窓側や通路側といったリクエストもできない。だから、混んでいる便や同伴者と別々に予約してしまった場合は席が離ればなれになってしまうこともある。
 
 コンシェルジュのオススメは、座席指定ができて、荷物も20kgまで預けられる運賃「コミコミバニラ」だ。通常運賃の「シンプルバニラ」に比べると1500円高くなるが、なにより足下に余裕のある「リラックスシート」を指定できるのがいい。座席が狭いLCCを少しでも快適にするためのワザである。
 
■鳥海高太朗(とりうみ・こうたろう)/千葉県富津市生まれ。航空・旅行アナリスト、帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。文化放送「オトナカレッジ」に「トラベル学科」講師としてレギュラー出演中(毎週金曜日20時〜)。著書に『That’s ANA マニュアル ANA 公式ガイドブック』『エアラインの攻防』など。1年間のフライト数は100以上。

※週刊ポスト2014年11月7日号