廃線になった貨物列車の高架線路を公園化したニューヨークの『ハイライン』にインスピレーションを受けて生まれた『ザ・ローライン』。1903年から1948年まで使われたトロール電車の地下ターミナルの跡地を市民の憩いの場所にしようと、建築家のジェームス・ラムジーが思いついたプロジェクトだ。新しい価値観、新しいラグジュアリーを模索するようなこのプロジェクトに携わる、ダン・バラシュに話を訊いた。

「「仕事場でも自宅でもない『公共の場』がいまの都会には足りない」 ダン・バラシュ(THE LOWLINE エグゼクティヴ・ディレクター)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ダン・バラシュ | DAN BARASCH
ニューヨーク出身。ラジオ番組制作、ニューヨーク市政府、グーグル、シンクタンクなどを経て、ニューヨークの地下に公共スペースをつくる『ザ・ローライン』のエグゼクティヴ・ディレクターに。コーネル大学卒業、ハーバード大学ケネディスクール修了。

──『ザ・ローライン』に参加したきっかけを教えて下さい。

地下鉄の構内にアートを持ち込むプロジェクトに携わっているときに、友人だったジェームスが『ザ・ローライン』のプロジェクトを発案し、美しいモデルをつくったんだ。それを実現するために何が必要かというディスカッションが、すぐに始まった。当時ぼくは、社会を改善するためにテクノロジーをどう使うかを研究する非営利のシンクタンクに務めていて、最初は自由時間でジェームスを手伝っていたのだけれど、資金調達を活発にやるようになって、2年ほど前からフルタイムでこのプロジェクトに関わるようになったんだよ。

──建設はまだ始まっていませんが、いま、このプロジェクトはどうなっているのでしょう?

2012年から何度も資金調達のイヴェントをやっていて、ニューヨーク市長や多くの市議員、コミュニティのリーダーたちからサポートを取り付けることができたんだ。フットボールのコートほどの大きさの敷地を憩いの場所にするのに、6,000万ドルほどかかると推算していて、ニューヨーク市、連邦政府からの助成金や企業からのスポンサー、個人からの寄付を募っている状態だね。

──このプロジェクトがどのようにニューヨーカーたちの役に立つと考えていますか?

まずは周辺地域(ロウワー・イースト・サイド)のコミュニティが使える場所になってほしい。そしてニューヨークの全市民が訪れたり、誇りに思える場所になると思っている。ニューヨークは、恒常的に公共のスペースの不足に悩まされているからね。この街のどこかにベンチを置くとすぐ人が集まってくるというくらい、人々は集いの場所に飢えているんだ。ロウワー・イースト・サイドは、マンハッタンのなかでも人口密度の高い、緑の少ないエリアのひとつで、低所得人口も多い。そういうエリアに、憩いの場所、人が集まる場所をつくることは社会貢献のひとつのかたちだと思う。


WIRED Lifestyle

「Luxury, but Comfort-素晴らしき未来のライフデザイン 10人からの提言」と題した“ラグジュアリーの新定義”を考える連載を、2014年1月からスタート。ものを所有することとは違う“自分にとって本当に大切なものとは何か”を考えるヒントを、10人のゲストとともに考える。

第1回「ちょっとだけ社会をよくする、自分だけのやり方で」ーフィル・リービン(Evernote CEO)」

第2回「フィジカルでリアルな旅が、心をより豊かにする」ー水口哲也

第3回「キャンプファイヤーへと人を誘うストーリーテリング」ピーター・ブキャナン・スミス(BEST MADE Co. 創業者)

第4回「美術館のアートより、いま観察すべきは生活工芸品」ムラカミカイエ(SIMONE INC. 代表)

第5回「『仕事』は自分の好きなことのまわりに築こう」ジョン・ポワソン(Wantful創業者)

第6回「中途半端、だから新たなものを創造できる」野々上 仁(ヴェルト代表取締役 CEO)

第7回「ミクロとマクロを巡る思考から、20年後を変える企画は生まれる」齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役)

第8回「コミュニケーションを通じて壊して、壊した先に何があるのかを探す」田村奈穂(デザイナー)

第9回「コントロールから『からまり』へ。都市をも変える価値観の変換」平田晃久(建築家)

TAG

DesignLIFEDESIGN2014Lifestyle

──ニューヨークにおける社会貢献として、なぜ「公共スペース」を増やすことが必要なのでしょう?

ぼくの両親の世代が育ったころのニューヨークは、汚くて、リラックスできるような場所ではなかった。だから多くのニューヨーカーたちが、子どもをもつと同時に郊外に引っ越していったんだ。けれどいま、ニューヨークで子どもをもったり、いままでよりも豊かな生活を送ることは可能だと思う。そのために必要なのは、仕事場でも自宅でもない場所だと思う。つまり、公共のスペースこそが重要だと思うんだ。

それにニューヨーカーは、自然や緑、太陽の光にも飢えている。だから『ザ・ローライン』は、こういう要素をすべて揃えることで、人々に第3の場所を提供することができると考えているんだ。

──ニューヨーク市、グーグル、シンクタンクを経て、いまこの仕事に携わっていらっしゃいますが、どうして社会を改善することがモチヴェーションになったのでしょうか。

どうしてだろう。子どものころから、世の中の不平等や不正義に腹を立てながら育ってきたような気がするね。ニューヨークは、いわゆる不平等を体現しているような街だと思う。1世帯あたりの平均年収が5万ドルなのに、アパートを買おうと思ったら平均100万ドルもするんだ。だからニューヨークで生きるということは、手に入りづらいこと。でもだからこそ、平等を謳ったいまのデブラシオ市長が選出されたんだと思う。そんな時代だから、ニューヨークを誰にでも暮らしやすい場所にすることが、ぼくにとっては重要なんだ。

──最後に、ご自身のライフバランスについて教えてください。

ニューヨークに住むということは、自分にとってはとてもエキサイティングなこと。サンフランシスコにも、パリにも住んだけれど、ニューヨークに感じる気持ちは、ほかのどこでも感じることができないと思う。けれど一方で、自然にふれることがとても重要で、ニューヨークを出て、自然にふれるチャンスがあれば必ず利用することにしているね。

もうひとつ、いまの時代におけるラグジュアリーとは、アンプラグして、コンピューターやインターネット、電話から離れることではないかと思っているよ。自分だけの時間やスペースをもつことが、いまぼくにとってのラグジュアリーなんだ。

WIRED Lifestyle

「Luxury, but Comfort-素晴らしき未来のライフデザイン 10人からの提言」と題した“ラグジュアリーの新定義”を考える連載を、2014年1月からスタート。ものを所有することとは違う“自分にとって本当に大切なものとは何か”を考えるヒントを、10人のゲストとともに考える。

第1回「ちょっとだけ社会をよくする、自分だけのやり方で」ーフィル・リービン(Evernote CEO)」

第2回「フィジカルでリアルな旅が、心をより豊かにする」ー水口哲也

第3回「キャンプファイヤーへと人を誘うストーリーテリング」ピーター・ブキャナン・スミス(BEST MADE Co. 創業者)

第4回「美術館のアートより、いま観察すべきは生活工芸品」ムラカミカイエ(SIMONE INC. 代表)

第5回「『仕事』は自分の好きなことのまわりに築こう」ジョン・ポワソン(Wantful創業者)

第6回「中途半端、だから新たなものを創造できる」野々上 仁(ヴェルト代表取締役 CEO)

第7回「ミクロとマクロを巡る思考から、20年後を変える企画は生まれる」齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役)

第8回「コミュニケーションを通じて壊して、壊した先に何があるのかを探す」田村奈穂(デザイナー)

第9回「コントロールから『からまり』へ。都市をも変える価値観の変換」平田晃久(建築家)


TAG

DesignLIFEDESIGN2014Lifestyle