ソフトバンクが日本一に 阪神の守備妨害で併殺となり終戦

ざっくり言うと

  • 日本シリーズ第5戦で阪神に1−0で勝利し、ソフトバンクが日本一となった
  • 阪神は9回に1死満塁のチャンスを作ったが、西岡の守備妨害で併殺となり終戦
  • 1985年以来29年ぶり2度目の日本一を逃した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング