10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(10)

 美と妖艶さを兼ね備え、見ているものを魅了する「フェアリージャパン POLA」こと、新体操団体・日本代表チーム。2004年・アテネ五輪の出場権を逃したことをキッカケに、画期的な方法で全国から選手が選抜され、まったく新しいチームとして立ち上がった。その結果、北京五輪、ロンドン五輪と2大会続けて出場を果たし、世界と互角に戦えるまであと一歩のところまで来ている。そのフェアリージャパンの生みの親は、1984年のロサンゼルス五輪に個人総合で出場した山崎浩子氏だ。「何もかも世界基準にする」という信念のもと、育成と強化に努めてきた彼女に話を聞いた。

 1984年のロサンゼルス五輪で個人総合が正式種目となり、1996年のアトランタ五輪からは団体競技も採用された新体操。日本は2000年のシドニー五輪で団体総合5位となったが、2003年の世界選手権でまさかの団体総合16位に沈み、アテネ五輪への出場を逃してしまった。

 そんな状況を受けて、ロサンゼルス五輪で個人総合8位に入賞した山崎浩子氏が、強化本部長に就任。2005年から本格的に新体操の改革に着手した。「日本がメダルを狙うなら、団体のほうが近い」と考えた山崎氏は、従来とは違う選抜方法で全国から若手を選び、長期間に渡って集中合宿を行なうという強化策を進めていったのである。

「世界の強豪国は、ジュニア時代から選手を集めて強化しています。そこで日本も、世界と同じように中・長期的な強化をしようと決めました。当時の日本は、あまりにも世界の実情を知っている人たちが少なく、世界でどう戦うかを考えていなかった。したがって私は、強化のスケジュールを日本中心ではなく、世界に合わせることにしたんです」

 山崎氏が進めた強化策は、学閥やクラブに関係なくオーディションで選手を選抜し、千葉で共同生活を行ないながら競技に専念するというものだった。

 このような選抜方式を採用した背景には、2001年のルール変更も影響している。5人で演技する団体では、たとえば4人が0.8点の技を揃えても、たったひとりが失敗すれば、減点ではなく0点になるようになった。つまり、より高いレベルで合わせられる選手が必要になったため、柔軟性や身体能力に秀でた若手を厳選して集め、4年の月日をかけて五輪を目指すことにしたのだ。

 選手個々の実績ではなく、ポテンシャルや身体能力だけで選抜して育成・強化することは、日本では初めてのこと。当然、関係者からは反対もあったという。それでも、山崎氏は信念を貫いた。

「チームとしては、もちろん大学生のほうが上手だったので、そちらを国際大会に派遣したほうが良いのでは......という声もあった。でも、(新しい方法を)やり続けなければいけないという思いがありました」

 とはいえ、15〜16歳の女子高生を親もとから離し、掃除から食事、洗濯など身の回りのことをすべて自分たちでやらせる共同生活には、当初、多くの苦労があったという。それでも、2008年からは国立スポーツ科学センター(東京都北区)に新体操の練習場ができ、隣接する「アスリートビレッジ」に選手たちの住まいを移したことで、より良い環境で練習に集中できるようになった。

 そして改革は、ついに結果となって表れる。2007年の世界選手権で7位に食い込み、2大会ぶりにオリンピックへの出場権を手に入れたのだ。

「(北京五輪での)結果は10位に終わりましたが、力がついてきたと認めてくださる方も多くなりました。そして翌年(2009年)、三重で行なわれた世界選手権では、種目別リボンロープで過去最高順位タイの4位に入って、このままの方向でやっていこうということになったんです」

 そして2010年――。ロンドン五輪に向けて新たなメンバーを選考する際、山崎氏は、「強豪国の新体操に触れたほうがいい」と思い、さらなる一手を打つ。ロシア人コーチのインナ・ビストロヴァ氏がいるサンクトペテルブルクで、長期間の合宿を行なうようにしたのだ。

「ロシアに行ってから、かかとの上がり方や四肢の使い方、動きと動きのつなぎなどが良くなり、美しさは断然上がりました。また、恥ずかしがらないようにもなりましたね」

 継続的な強化の甲斐もあって、ロンドン五輪では7位に入賞。現在もフェアリージャパンは、1年の半分ほどをロシアに滞在して練習を積んでいる。ただ、それでも日本と世界のトップには、まだ差があることは否めない。そこで2016年のリオデジャネイロ五輪、2020年の東京五輪に向けて、どんな育成・強化をしていくのか聞いてみた。

「2020年大会の強化本部長を私がやるかは決まっていませんが、準備はしておかないといけません。ロンドン五輪までは、オリンピックをひと区切りと考え、ある程度メンバーを固定していました。ただ、それだけでは勝てない。どんどん良い選手をチームに入れて刺激を与え、足りないと思ったことは選手たち自らがやっていくことも必要だと感じています」

 今後、山崎氏は新たに選手をトライアウトで発掘しつつ、現メンバーと競わせながら強化を進めていく方針だ。また、選手たちを『特A』『A』『B』というようにランク分けし、さらなる成長を促(うなが)すという。そのためには当然、日本代表につながるジュニアの選手層を厚くすることが欠かせないと語る。

「今までは、日本代表が『育成の場』にもなっていましたが、今後は『強化の場』にしないとダメです。そのためには、小・中学生のレベルを上げていかければ。やはり、手具(リボン、ボール、クラブ、フープ、ロープ)をちゃんとしたところに投げられるなど、基本が改善されていかないと、複雑な連携はできませんから」

 山崎氏は、年に3度ほど行なっている講習会で基本の大切さを伝えたり、ジュニア選手を強化選手に指定することによって、選手たちの質も徐々に上がってきたという。実際、最近もトライアウトを実施して候補生4人を選出してみると、現メンバーより上手な選手がいたとのこと。「この10年ほど強化を継続したことで、各所属クラブの2〜3番手ではなく、トップの選手がトライアウトを受けてくれるようになった」と、山崎氏は感じている。

 一方、個人総合の強化はどうなのか。山崎氏は、2012年からジュニアのトップ選手だった皆川夏穂、早川さくらのふたりを強化選手に指定し、個々の強化にも取り組み始めている。「皆川と早川のふたりが団体のメンバーに入るということはありません。彼女らは個人でリオデジャネイロ、東京と2大会連続でオリンピックを狙えるターゲット選手という位置づけです」

 山崎氏が強化本部長に就任してから、今年でちょうど10年。コーチとしてではなく、新体操全体の責任者として、10年間、どんな思いで強化方針を貫いてきたのか――。

「一気に変えることはできず、ちょっとずつしか変えられなかったですね。とにかく、『世界しか見ていません』という立ち位置だけは曲げないようにやってきました。いつも、『これで本当にいいのかな?』と自問自答しつつ、実際にやってみて、『いいみたいだった』の繰り返し......。上位国になるためには、まだ足りないものはありますが、最近成果が出てきて、ようやく、『この方向でいいんだろうな』と思えるようになりましたね」

 試行錯誤しながらも、着実に育成と強化の歩みを進めてきたフェアリージャパン。最後に、今後の新体操に期待することを聞いてみた。

「春先のワールドカップ(※)では、何度か表彰台にも乗りました。世界は、それほど遠くないと思います。しかし、今の日本の実力では、他の強豪国が失敗したときにしか表彰台に上れない。多少失敗しても、メダルを獲ることができるくらいの実力をつけなければなりません。ただ、リオデジャネイロ五輪は東京五輪への通過点とは考えていません。2年後のリオ五輪でも、もちろんメダルを目指します。フェアリージャパンは、結果を出しながら、自ら道を作ってきました。毎回、全力を尽くすという気持ちでやっていきたい」

※新体操ワールドカップ=毎年春から秋にかけて、ポルトガル、イタリア、フランス、ロシアなど世界各国で開催されている。

 山崎氏の熱い思いとともに、少しずつ成長してきた「妖精たち」。世界で華やかに舞う日は、もう近くまで来ている。

【profile】
山崎浩子(やまざき・ひろこ)
1960年1月3日生まれ、鹿児島県出身。鹿児島純心女子高で新体操を始め、1979年から1983年まで全日本選手権5連覇。新体操ブームの火付け役となる。1984年のロサンゼルス五輪で個人総合8位に入賞して現役を引退。その後、後進の指導にあたるかたわら、スポーツライターとしても活躍。現在は新体操・強化本部長として日本代表を支えている。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji