冨田尚弥に日本水泳連盟は選手登録停止処分を決定

ざっくり言うと

  • 日本水泳連盟が30日、冨田尚弥を選手登録停止処分とすることを決定した
  • アジア大会での窃盗容疑を受けた処分で、期間は2016年3月31日まで
  • 当初は永久追放も視野にあったが、被害者からの要望で処分が軽減された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング