“再出発”を果たしたパームトップ作曲マシン「KDJ-ONE」

写真拡大

2011年に世界最大級の楽器ショー「NAMM Show 2011」で発表されたもののトラブルにより、開発が頓挫していたと思われていたポータブルゲーム機スタイルのオールインワンDAWマシン「KDJ-ONE」。装いも新たに2015年に発売開始。先駆けて2014年11月からKickstarterで先行予約販売を開始する。

「“再出発”を果たしたパームトップ作曲マシン「KDJ-ONE」」の写真・リンク付きの記事はこちら

5インチWVGAのマルチタッチ液晶ディスプレイを中心に、スピーカーと物理コントローラを周囲に配置。現在のケースは3Dプリンターで打ち出したものであり、量産型のカラーは変更されるかもしれない。

覚えはないだろうか。ふと脳裏にメロディラインが浮かぶあの瞬間を。フレーズが天から降りてくる瞬間は誰にも予測できない。だからこそパッと思いついた音符のログを取るのに、ポータブルな作曲マシンは欠かせない。

いつでもどこでも曲づくりに専念できるとあって、iPadの『GarageBand』やAndroidの『Uloops Studio』が人気だ。しかしフルタッチパネルオペレーションでは、楽器を使っているという感覚が希薄。鍵盤とまではいかなくても1音1音を重ねていくとき、指先に伝わるフィードバックが欲しいと願う層は存在する。

物理コントローラをもったポータブルな作曲マシンがなかったわけではない。1990年に生まれた“パーム・トップ・スタジオ”(ポータブルタイプのシーケンサー)「QY10」(ヤマハ)や、「KAOSSILATOR」(コルグ)といったモデルに加え、ニンテンドーDS/3DSを作曲マシンにする『DS-10』『KORG M01』(共にコルグ)などのソフトもリリースされてきた。いずれもその時代々々で高く評価されてきた。

そして2015年、新たなポータブルサイズのDAWマシンが登場する。それが、オンラインゲーム開発会社のサイバーステップが開発した「KDJ-ONE」だ。


TAG

3D PrintingBedroomDeviceMusic

タッチ&リアルコントローラのメリットを結集

「こういうものは、俺みたいなヤツとか、やりはじめのヤツとかを最先端にいさせてくれるわけさ」(“Something like this allow someone like me or someone who’s just starting out to stay ahead.”)と語ったのはPVに出演しているSlipknotのシド・ウィルソン。撮影中も「KDJ-ONE」を片手にゴキゲンだったそうだ。

サイズは174.2mm×115.5mm×29.5mm。質量は480g。音楽ゲーム専用のハードウェアかと思えるその内部は、最大同時発音数64音、20エフェクト、6トラック、999パターンと、本格的な作曲が楽しめるスペックとなっている。

サウンドも、シンプルさゆえに浸透力のあるチップチューントーンから、ディープなドラムスまで選べる。16健のキーパッドもヴェロシティ付きだし、マルチダイヤルやモジュレーションをコントロールできるアナログスティックも装備。

そしてタッチパネルを使うことで、複雑なパラメーターも指先でエディットできる。

QYシリーズやKAOSSILATORが楽器を弾けない人もアーティスト予備軍にステップアップさせたように、「KDJ-ONE」も誰でも使いこなせるような敷居の低さを感じる。動画や写真画像と違って、音楽のアウトプットは難しい印象があるが、「KDJ-ONE」なら自分の秘めた才能が開花するのではといった期待値の高さも感じる。

音楽理論なんて二の次だ。好きな曲を耳コピしながらACIDのアレンジをするもよし、天から降りてきたフレーズを大事に育てるもよし。まずは1曲、紡いでみよう。

TAG

3D PrintingBedroomDeviceMusic