現在、すべての書籍が100円で提供されている/画像は「Kindleアーカイブ」のスクリーンショット

写真拡大

Amazon.co.jpが、10月29日、国立国会図書館が所蔵し近代デジタルライブラリーで公開されている古書をKindle向けに販売する「Kindleアーカイブ」を開始した。

2014年内に1000冊以上



近代デジタルライブラリーは、国立国会図書館が所蔵する、明治期以降に刊行された図書・雑誌のデジタル化資料をWeb上で閲覧できるサービスだ。

今回Kindleで販売開始されたのは、そこで公開されている、主に著作権保護期間が満了している日本のパブリックドメイン。

展開されているタイトルは、安藤広重『東海道五十三次』、葛飾北斎『冨嶽百景』などの世界的な浮世絵や、曲亭馬琴『南総里見八犬伝』、芥川龍之介『羅生門』、福沢諭吉『学問ノススメ』など400冊以上。

現在販売されているすべての本が、100円で展開されている。年内には1000冊以上の本を「Kindleアーカイブ」として販売する予定。

「近代デジタルライブラリー」のWebサイトで無料公開されているものも多数あるが、Kindleならではの機能や読みやすさ、一度ダウンロードしてしまえばインターネットにつながっていない時にも閲覧可能な手軽さなどが売りになりそうだ。

Kindleは、専用の電子書籍リーダーの他スマートフォンやPCブラウザなどでアプリをダウンロードして利用できる。