10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(9)

 1990年代初頭から、苅部俊二(法政大→富士通)や斎藤嘉彦(法政大→東和銀行など)とともに400mハードルで世界に挑み、1995年の世界選手権では日本人初のファイナリストとなった山崎一彦氏(順天堂大→デサント)。1992年バルセロナから2000年シドニーまで3大会連続でオリンピックに出場し、現役引退後は日本陸上競技連盟(日本陸連)の強化委員として、幾多のトップ選手の指導に関わってきた。若手の統括強化育成部長として活動する山崎氏に、日本陸上界の現状について語ってもらった。

「私が日本陸連・強化委員会のハードル部長をやっていたころ、シニアの選手たちを見ていたのですが、そのとき、『もう、自分が教育するものはないな』と感じたんです。彼らがジュニアや大学生の時に、国際大会への位置づけや動機づけ、姿勢などを変えなければいけないなと。シニアになってから変えようと思っても、無理だなと実感したんです」

 当時は、2010年の世界ジュニアがカナダで行なわれたころ。200mで優勝した飯塚翔太、やり投げ銀メダルのディーン元気、400mハードル銀メダルの安部孝駿、走り高跳び銅メダルの戸邉直人などが、大学2年生になったばかりの時期だった。ただ、若手を幅広く強化するにも予算に限りがあるため、彼らをターゲットとする「U21(21歳以下)枠」を作り、海外遠征や合宿に行くための支援をしようと思って、山崎氏は立ち上がったという。

「世界ジュニアでメダルを獲ったとはいえ、すぐにシニアの日本代表にはなれません。しかし、若手が日本代表へと成長する間に、選手がインカレなどを中心とする国内志向になってしまうのが、これまでの状況だった。だから、何年も時間がかかってしまうかもしれないけど、国際的な視野に立った考え方を持ってもらいたいと思って、『U21枠』での育成を始めたんです。

 それに、もうひとつ問題だと思っていたのは、『日本の大学には、ハイパフォーマンスコーチと呼べる存在がいない』ということでしたね。高校までは順調に育成できているけど、大学では研究者という肩書きの人たちがコーチをやっていて、コーチング技能に優れている人が評価されていないのが問題だったんです。だから、まずは先物買いで、強化選手になっていない若手に投資して、意識を変えてもらおうと思いました」

 海外で試合や合宿を経験させた結果、2年後にはやり投げのディーンがロンドン五輪、短距離走の飯塚はロンドン五輪と翌年の世界選手権に出場。ハードル走の安部も2年連続(2011年、2013年)で世界選手権に出場するという成果を残せた。また、今年に入っても、走り高跳びの戸邉が日本記録に迫る2m30台を連発するようになり、ディーンと一緒に南アフリカでフィンランドチームの合宿に参加させた新井涼平もアジア大会で2位となり、国体では日本歴代2位の86m83まで自己記録を伸ばしている。

「彼らは6年後、東京五輪の主軸になっていると思うけど、なぜ海外志向にしたいかというと、2020年を想像した時、『東京が東京でなくなる』と思ったからです。東京五輪の日本代表に決まれば、街を歩いていても注目されたりして、すごいプレッシャーにさらされることになる。試合の競技場に行っても、『ここが本当に国立競技場なの?』というくらいに雰囲気が違うだろうし、地元なのに日本で好き勝手にできない状況が出てくると思います。だから、今のうちから海外に慣れて、『世界の中の日本』という意識でいたほうがビビらないと思うんです」

 山崎氏がそのように思うようになったキッカケは、2007年に大阪で行なわれた世界陸上だった。テレビへの露出が増えた選手たちは、好記録を出さなければならないという大きなプレッシャーを背負った結果、普段の力をほとんど発揮できなかった。抜本的に環境を変えなければいけないと思ったが、構造的な部分を大きく変えることは難しい。それならば、まずは選手たちの意識を変えることが早いという考えに至った。

「日本陸連として、定期的に合宿を行なって若手をトレーニングするのもいいことでしょう。ただ、それは本来、パーソナルコーチとともに自分の所属先でやるべきことだと思っています。我々は、それとは違う刺激を与え、選手やコーチに高い意識づけを行なうことが、本来の仕事ではないかと。資金に困っているなら、支援したり、一緒に作る方法を考えるとか。やはり若いうちは、彼らの視野を広げることにお金を使ったほうがいいと思っています」

 まだ視野の定まっていない高校生の時期なら、インターハイや国体も重要な大会といえる。だが、大学生になればインカレを重視しつつも、それは世界の陸上大会のひとつという意識で取り組んでほしいと、山崎氏は語る。

「箱根駅伝を例に挙げるならば、大会が終わればゴールではなく、世界を目指しながら、そのためのトレーニングの一環として箱根に出るという考えであればいいと思うんです。早稲田大の監督だった中村清さんはそういうことを言っていたし、実業団のエスビーや旭化成もそういうスタンスで駅伝を捉(とら)えていました。目的と手段が逆になってはいけないということは、世界を経験した僕たちが言わなければいけないと思っています」

 6年後の東京五輪では、20代後半になった今の若手が主力になっていることだろう。そのためにも、今のうちに様々な経験を積んでもらうのは必要だが、同時に競技者として、ピークを伸ばすために慎重にならなければいけないともいう。

「例えばやり投げでは、肩は消耗品なので、どこかで休ませなければいけなかったりするんです。もちろん、走ることもそうですね。だから選手が、『1年間、休みたい』と言えば、『でもお前、世界選手権があるだろう』ということを言わせないようにしたいですね。たとえ、選手より立場の上の人が言っても、それを止めるのが僕らの役割だと思います。出場させなかったことでチーム全体の成績が落ちるかもしれないし、メダルが1個減るかもしれないけど、それでも休むことを優先させてあげたい。

 僕たちの世代も、それで失敗しているんです。疲労が溜まっている状態でも、『出なくてはいけない』と言われて出場してケガをしたり......。それで五輪にピークを合わせられなくなって、もったいなかったという後悔が僕自身もありましたから。批判されることかもしれませんが、理解者を増やしていきたいというのが、今の僕の考えですね」

 また、選手の育成といえば、資質を持った若手に目を奪われがちだが、「競技寿命が延びている近年は、違う考え方も必要」だと山崎氏は語る。現在は日本陸連の有志とともに、過去に活躍したベテラン選手がどの年齢までトップパフォーマンスを発揮できたかということを明確に示せるように、データを調べ始めているところだという。

「流行の『若手タレントの発掘』というものを、僕たちはある意味、否定しているんです。特に陸上競技の種目というのは、18歳以上にならないと決まらないのではないかと。だから今、考えているのは、100mをやって、その後200m、400mをやって、最後に400mハードルの選手になった為末大のように、種目を変えていくことも視野に入れるべきではないかと思っています。また、そうやっていかないと世界で生き残れないですし、そのほうが長く選手生活を続けられるかもしれませんから」

 6年後に迫った東京五輪というチャンスをキッカケに、どこまで育成の現場を変えていくことができるのか。日本陸上界を世界レベルに引き上げるべく、山崎一彦氏の挑戦は続く――。


【profile】
山崎一彦(やまざき・かずひこ)
1971年5月10日生まれ、埼玉県出身。1995年の世界選手権400mハードル予選で48秒37のアジア記録(当時)を樹立し、日本人として初めて同種目のファイナリストとなる。2001年に現役を引退。その後は日本代表コーチなどを歴任し、現在は日本陸上競技連盟の強化委員会副委員長として若手の育成に力を注いでいる。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi