新潟県産米粉「お米のケーキ」

写真拡大

Pasco(敷島製パン)は、新潟県産コシヒカリの米粉を使用した蒸しケーキ「お米のケーキ」を、関東、中部、近畿、中国地区で2014年11月1日に発売する。

お米の風味とこしあんの甘さ

新潟県産コシヒカリの米粉を100%使用した生地の中に、北海道産小豆を使用したこしあんを絞って蒸しあげた。ふんわりしっとりとした食感が特徴で、お米の風味と、こしあんのすっきりとした甘さがマッチした上品な味わいとなっている。

米粉は、団子など和菓子の原料として従来から使用されている食材だが、製粉技術の向上により、パン、ケーキ、麺など幅広い食品へと用途が広がっている。Pascoは、農林水産省による食料自給率向上を目指したプロジェクト「フード・アクション・ニッポン」の取組みの一つである「米粉倶楽部」に参画するなど、米粉の美味しさを活かしたパンの開発に継続的に取り組んでいる。

価格はオープン。