写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジョンソンはこのほど、10月30日の「香りの記念日」にあわせて、全国の運送会社・宅配業者の男性ドライバー、通称「宅配男子」309名を対象に実施した「玄関の香り」に関する調査結果を発表した。調査期間は10月1日〜2日。

○玄関の良い香りは「ハーブ系」、イヤなのは「ペットのニオイ」

調査ではまず、宅配男子に「良い香りの玄関にはどれぐらいの頻度で出会いますか?」と質問したところ、「20〜30%未満(25.9%)」が最多で、次いで「10〜20%未満(19.7%)」、「10%未満(19.1%)」と続いた。

さらに、玄関で出会った良い香りとはどんなものなのか調査した結果、1位はラベンダーやカモミールなどの「ハーブの香り(33.6%)」だった。2位はヒノキやスギなどの「木の香り(29.2%)」、3位にはジャスミンやユリといった「花の香り(28.8%)」がランクインした。

一方、イヤなニオイの1位は「ペットのニオイ(62.1%)」で、ほかには「カビ臭い(51.1%)」「靴のニオイ(45.3%)」「タバコのニオイ(44.3%)」などが上位を占めた。

○玄関が良い香りだと「部屋が整理整頓されてそう」

次に、「良い香りの玄関から、どのような印象を持ちましたか?」と聞いたところ、「住んでいる人の部屋が整理・整頓されていそうだ(63.1%)」や「部屋の中も良い香りがしてそうだ(52.5%)」という印象を持つ人が多かった。

一方、イヤなニオイの玄関は、「部屋の中も臭そう(71.1%)」、「住んでいる人の部屋が汚そう(56.4%)」、「住んでいる人がだらしなさそう(52.7%)」といった回答が多かった。

○宅配男子が喜ぶ玄関の香りとは!?

最後に「玄関ではどのような香りがしているとうれしいですか?」と聞いたところ、1位は「ヒノキ、スギなど"木の香り"(41.4%)」だった。そのほか「ハーブの香り(39.5%)」、「石けんの香り(39.5%)」、「花の香り(34.3%)」などが人気だった。

(アリウープ)