「ウルトラビジネス英会話」

写真拡大

英語能力診断テストTOEICを実施、運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は2014年10月から「ウルトラマン」を起用した同テストのプロモーションをスタートさせているが、このほど、宇宙人「ダダ」との共演による「ウルトラビジネス英会話」の動画の配信を特設サイトやYouTubeなどで開始した。

コミカルな寸劇から日常で使える英語を学ぶ

「ウルトラビジネス英会話」は、ウルトラマンとダダが交わすコミカルな会話から、ビジネスに使える英語を学べるミニ講座仕立ての動画。TOEIC SW(スピーキング/ライティング)テストのプロモーションとして制作された。

ダダは「三面怪人」の別名を持ち、ウルトラマンをはじめとするウルトラシリーズの敵役として知られている。動画は「困っているダダをウルトラマンが助ける」という設定で出演。たとえば「面接編」では、ウルトラマンが企業の採用担当となり就職面接のワンシーンを演じ、英語と"宇宙語"で、

ウルトラマン「面接は以上です。あなたを当社で採用いたします」
ダダ「採用されたんですか?うれしい!」

といった会話をする。パリッとしたスーツ姿のウルトラマンと、ネクタイを身に着けたダダによる現実的なやり取りが何ともシュールだが、楽しい寸劇とともに実践的な英語を学べる。

「面接編」は2014年10月23日より配信開始。11月から新たに4作を順次配信予定。

SWテストは、英語でコミュニケーションし、情報を発信する能力を測るためのテスト。日常会話から業務用のやりとりまで、生活で実際に活用できる英語力を測ることができる。利用者が増加しており、2013年は1万4700人が受験した。