エボラ出血熱の感染が疑われた40歳代男性 改めて陰性確認で退院

ざっくり言うと

  • エボラ出血熱が疑われ、陰性が確認された40歳代の男性が30日に退院した
  • 男性は27日、国立国際医療研究センターの隔離病棟に入院
  • 2回目の遺伝子検査をした結果、29日に改めて陰性であることが確認された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング