写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TANAKAホールディングスは10月29日、田中貴金属グループの製造事業を展開する田中貴金属工業が、光電変換波長域を1000nm以上にまで長波長化した色素増感型太陽電池用のルテニウム錯体色素「DX」の提供を開始すると発表した。

同製品は、内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)の中心研究者である東京大学 先端科学技術研究センターの瀬川浩司教授らが技術開発した色素増感型太陽電池用の増感色素で、従来から用いられているルテニウム増感色素が吸収できなかった近赤外光を効率良く吸収し、光電変換することを可能にした次世代増感色素である。

具体的には、スピン反転励起の利用により、従来の増感色素に比べ発電波長域を長波長側に200nm程度拡張することに成功した。その結果、太陽電池の光電流値が25%以上向上し、「DX」シリーズを用いた高性能太陽電池では、有機系太陽電池として世界最高の30mA/cm2以上の光電流と10.0%以上の高い変換効率が得られるようになった。「DX」は、従来の増感色素に比べて可視光より長波長の近赤外線も高効率で光電変換できるため、屋外光による発電にも適している。また、CYC-B11などの可視領域に特化した色素と組み合わせることにより、さらなる高変換効率を達成できるタンデムセルが開発されているという。

今後、田中貴金属工業は、東京大学からライセンスを受け、「DX」の国際特許を共同出願し、2015年1月から製造販売する。また、田中貴金属工業と東大は、「DX」のさらなる高効率化とともに高耐久化を目指して開発を進めていくとしている。

(日野雄太)