WHO エボラ出血熱の拡大ペースが減速している可能性を指摘

ざっくり言うと

  • WHOは29日、リベリアでエボラ感染の拡大ペースが鈍化している可能性を指摘
  • 患者数は横ばいとなっており、死者の埋葬数などが減少しているという
  • 「新規感染ペースの鈍化を確認している」と明言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング