各誌10月28日東京朝刊の切り抜き(左から産経、朝日、毎日、東京新聞)

写真拡大

 日本人の正義は完全に変わってしまったのかもしれない。「エボラ日本上陸か」の第一報以降、エボラ感染を疑われた男性へのバッシングを見ていて、つくづくそう感じた。

「まじで西アフリカからとか帰って来ないで欲しい。」
「なんでわざわざこんな危険なところに行くんだよ! クソが」
「ほとぼりさめるまで帰ってくんな」
「ついにエボラか...だから鎖国しろって言ったんだ」

 自国のこと以外一切考えず、自分の今いる場所が世界とつながっているという意識もない。自分たちとちがう価値観で外の世界を知ろうとする者を異物扱いしてヒステリックに叩く。まさに"島国根性"丸出し。

 しかも、ネットユーザーたちはこの男性がジャーナリストだと知って、さらにバッシングを激化させる。

「ジャーナリストって害しかもたらさない」
「真実を伝えるとかいって、国民に迷惑をかけてるんじゃねえぞ」
「自分が巻き込まれて、税金使って助け出されたり、日本中を危険に晒したりしてりゃ世話ないわ」 
 
 連中は普段、自分たちがああだこうだと勝手なコメントをタレ流しているニュースの大元の情報がどうやってもたらされているかもわからなくなっているようだ。本当に新しい情報はネットをいくら眺めていても得られない。ジャーナリストが世界のさまざまな場所、事件が勃発している現地に出かけて取材をすることで、はじめて知ることができる。当然、そこには銃撃戦に巻き込まれたり、人質としてとらえられたり、伝染病に感染したり、法を犯して拘束されるリスクもつきまとう。しかし、それでも取材の自由を認め、取材活動で危機に陥った場合は国家がジャーナリストを救い、助ける。それが民主主義国家であり、「知る権利」を保護するということなのだ。

 考えてみればいい。もし西アフリカが危険地帯だから一切行くなとなったら、そこにいる人たちは誰が助け、そこで起きている危険を誰が我々に伝えるのか? それこそ、医師やジャーナリストが危険を冒して活動しているからこそ、遠くの国に住む我々にエボラの危険性が伝わってくるんじゃないのか。

 それとも、そういう活動はアメリカ人にでもまかせておけ、日本人は一歩たりとも海外に行くなとでもいうつもりなのか。

 彼らは普段、「自分の国は自分で守れ」とか「日本人の誇り」とか勇ましいことをいっているんじゃなかったのか。それが、いざほんとうに自分が巻き込まれそうになると、ヒステリックに「迷惑かけんな」とわめき立てる。こういうネットの論調を見ていると、その口にのぼっているナショナリズムが、実は強い国家に自分を守ってほしいという幼児的な保護願望でしかないことがよくわかる。

 そういえば、今回のエボラ騒動では、幼児的なパラサイトナショナリズムの典型である安倍首相支持者たちも大活躍していた。

 産経新聞がこのジャーナリストが「日系カナダ人」であると報道してから、ネトウヨが「ニューヨークタイムズ」のノリミツオオニシ記者ではないかという噂を流布。オオニシ記者が2007年に安倍首相の批判や従軍慰安婦問題の記事を書いていたことを結びつけ、凄まじいバッシングを展開しているのだ。

 オオニシ記者が「在日」であるというお決まりのヘイトスピーチはもちろん、「体の不調はないとウソの申告をしてサーモグラフィで発熱がバレた」「エボラ感染者と接触ないと申告したが、実際は患者の取材をしていた」といったデマを垂れ流し、「どこまで日本に迷惑かけるんだ」「反日の人間を国外追放しろ」、あげくは「反日NYTが送り込んだテロだ」と攻撃する。偶発的な事態と政治的なイデオロギーの区別がつかなくなっているのである。

 しかも、こういうことをいっているのはそのへんの頭の悪いネトウヨだけではない。オオニシ記者がジャカルタでの日本軍による従軍慰安婦連行を報道したことに対して「もし末端の兵士の強姦事件に日本政府が70年後も責任を負うなら、オオニシが日本にエボラウイルスをばらまいたら、NYTは70年後も賠償しなければならない」などとむちゃくちゃな論理を口にしている池田信夫はじめ、保守論客、保守メディアの間でも、オオニシ記者の慰安婦報道のスタンスとエボラ取材を強引に結びつける論調が出てきている。

 この記者がオオニシ氏かどうかは現在のところまだ確定していないが、仮にオオニシ氏でなかったとしても、ネトウヨや安倍首相支持者が、エボラの取材にリベリアに出かけようとするジャーナリストにヒステリーを起こす構造は変わっていなかっただろう。

 世界で起きていることをこの目で見て取材し、自分ごととしてとらえようとする人間と、一国の、自分たちに都合のいい価値観だけにしがみつき、別の視点からの意見を「反日」「売国奴」として排除しようとする政権やその支持者は、完全に対極の関係にあるからだ。
 
 そして残念ながら、この国では後者の意見が圧倒的な正義として流通し始めている。

「祖国が甘美だと思う人はいまだくちばしが黄色いものにすぎない。そして、すべての土地が祖国であると思える人は力強い人だ。しかし、全世界が流謫の地であるという人こそ完全な人である」

 これはエドワード・サイードも引用したフーゴーの『ディダスカリコン』の一節だが、この言にならえば、日本は「くちばしの黄色い」幼児的な正義に支配されつつあるということだろう。
(エンジョウトメ)