水木しげる、92歳で「初スタバ」が話題

写真拡大

 妖怪といえば最近は『妖怪ウォッチ』が人気を集めておりますが、昭和生まれの筆者にとっては“妖怪”といえばやはり『ゲゲゲの鬼太郎』。

 その『ゲゲゲの鬼太郎』作者の水木しげるさん(92歳)が、人生初スタバ(スターバックス)を経験したとして、Twitterで注目を集めておりました。

【関連:水木しげる92歳誕生日に特大パンをムシャムシャ】

水木しげる先生

 水木さんは92歳にして現役の漫画家。ビッグコミック(小学館)では『わたしの日々』も連載中です。そうした活動の源は、やはり食にあるとかで昨年は『伝説のすた丼屋』デビューを果たし、その時もネットを中心にファンを大いに喜ばせました。

 今回水木さんが訪れたのは、今年調布にオープンしたスタバの新店舗。公開された画像では、美味しそうにコーヒーを楽しむ様子が紹介されていますよ。

画像:
水木プロダクション(Twitter:@mizukipro