全米の朝のトップスター、脱いでもスゴい人気キャスターって誰!?
『とくダネ!』(フジテレビ系)、『ZIP!』『スッキリ!!』(日本テレビ系)、『いっぷく!』(TBS系)、『モーニングバード!』(テレビ朝日系)など、日本の朝を支える情報番組。伝えられるニュースや番組内容もさることながら、女子としては「誰が司会者か」というのは非常に重要ですよね! 

「好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では、枡太一(ZIP!)、羽鳥慎一(モーニングバード!)、上重聡(ズームイン!!サタデー)など朝の顔が上位を占めていますが、みなさんにも「この顔を見ないと一日が始まらない!」といったお気に入りの朝の男性パーソナリティが一人はいるのではないでしょうか?

 そんな朝の風景はアメリカでも同じ。今日は全米“朝のトップスター”であるマット・ラウアー(56歳)の最新スキャンダルに迫ります。

◆奥様悶絶! マット・ラウワーって?

渦中の人、マットがメインパーソナリティを務めるのはNBCの『The Today Show』。

 大学を中退してから各地のテレビ局でプロデューサやレポーター、キャスターの経験を積んで来たマットが『The Today Show』の司会者になったのは17年前、マットが39歳のとき。ときには辛辣に、ときには茶目っ気たっぷりに語るマットのマルチぶりには定評があり、同時間帯の視聴率トップを長年キープして来ました 。

 ゴシップ誌ではその甘いマスクと脱いだらスゴ過ぎる肉体!割れる腹筋!!が注目されて、『People』が選ぶ「世界で最も美しい男50人」に何度も選出されたり、ファッション性が評価され『Vanity Fair』の「インターナショナル・ベスト・ドレスサーリスト」にも名前が挙がったりしたこともあるちょいワルオヤジ。アメリカの奥様方にとっては、まさに朝のアイドルなのです。

◆行き過ぎた夫婦喧嘩?それとも……

 マットの裏の顔が明らかになったのは、現夫人で元モデルのアネット・ラウアー(48歳)が2006年に離婚調停に乗り出した際の書類が流出したため。

『In Touch』(10月16日)によると、同書類はマットの残忍な裏の顔に耐えかねた夫人が弁護士に用意させたもので、DV疑惑をも示唆する内容だったのだとか。

 仕事や自分の趣味ばかりを重視し、家庭を顧みないマットへの不満が募ったアネットは「精神的、肉体的危険性から夫との離婚」を希望。さらにマットは支配欲が異常なほど強く、「毎日の生活における細かい決めごとも夫人には決定権がなく、すべてマットからの承諾を得なければならなかった」と訴えていたようです。

 しかし、この離婚調停は「証拠が何もない」という理由からわずか数週間後に取り消され、騒動はうやむやに終わりました。

 今年10月で結婚16周年を迎えた二人を知る友人は、「あの騒動は常軌を逸していたけど、必要なことだったんじゃないかな。二人は今とても幸せそうだよ」とコメントし、離婚騒動の再燃をあっさり否定しました。

 当時二人にはすでに子どもが2人おり、3人目がお腹の中にいたというアネット。妊娠中のイライラで、夫婦喧嘩をつい法廷に持ち込んでしまっただけかもしれないし、キツ過ぎるお灸を据えられたマットがめでたく改心したのかもしれません。

「家庭を顧みない」と糾弾されていたマットですが、最近では家族と一緒に出かける姿が頻繁にパパラッチされています。結局、振り回されたのはテレビの前の奥様だけだったということ?

Source:
In Touch(http://www.intouchweekly.com/posts/matt-lauer-s-wife-accused-him-of-cruel-and-inhumane-treatment-in-divorce-papers-report-44428)
Oricon Style (http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/852/#1)

<TEXT/橘 エコ>
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューや ゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)