10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(8)

 一昨年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した三宅宏実の伯父であり、1960年ローマ五輪で銀メダル、1964年東京五輪では日本チームを勢いに乗せる第一号の金メダルを獲得したウエイトリフティングの三宅義信氏。

 自国開催の東京五輪では世界記録を樹立して、フェザー級で優勝を果たした。このときは、三宅氏の金メダル獲得だけでなく、バンタム級の一ノ関史郎とミドル級の大内仁が銅メダルを獲得。他にも4名の6位入賞者(当時は6位までが入賞)も出て、日本の存在感を強烈にアピールした。

 続く68年メキシコ五輪で連覇を達成。72年ミュンヘン五輪では4位と、メダル獲得とはならなかったが、第一線で日本ウエイトリフティングを牽引してきた。

 そんな、三宅氏がウエイトリフティングを始めたのは、宮城県大河原商業高校2年の時。

「メルボルン五輪(1956年)を見たのがきっかけですね。それまで柔道をやっていたけど、その頃は階級が無く無差別の時代。最初は練習の一環として重量挙げをやっていたが、柔道では体が大きくて体重のある人には重量で負けるから『それなら重量挙げの方がいいよ』ということでやり始めたんです。この競技は自分が練習した分だけ力も付いてくるし、施設も特にいらずバーベルだけあればいいから」

 開始半年後には全国大会で入賞。卒業後は法政大に進んで競技を続けた。そして五輪代表と、瞬(またた)く間にトップまで上り詰めた。

「ローマでは、金を獲る力があったと思います。そう思って乗り込んだから銀に終わった時は、試合は難しいものだなと思いましたね。しっかり強化もできていたので記録を出す自信はあったけど、飛行機に乗るのも海外へ行くのも、すべてが初めてでしたからね。でもそういう経験をして、その後は自分の力を出せるようになったと思います」

 ウエイトリフティングの場合は体重が大きな要素を占める。例えば、バーベルを持つ指が細くなるだけで重さを余計に感じ、体の水分が少し減るだけで靴の紐を普段より強めに締めなければいけなくなり、体を支える足のサイズが少し違うだけで安定感が変わるほど微妙なものだという。

 ローマでは試合が大会終盤に行なわれ、滞在日数が40日間に及んでいたのも影響した。「それで東京では『三宅の金メダルで勢いを付ける』という意味もあり、競技2日目に行なったんです」と言って笑う。

「ローマは苦労したけど、東京のコンディション作りは楽でしたね。湿気もあるし水も飲めるし、あらゆるものが自分でどうにかなるわけですから。でも、金メダル獲得が使命になっていたから、プレッシャーはものすごくありました。私も試合の前の日くらいまではずっと心臓がバクバクして夜も眠れなかったですね。横になっていても神経は起きているような感じで、熟睡はしてなかった」

 そんなプレッシャーを感じながらも、「プレッシャーというのは誰にでもかかることですから。どこで開き直るかです。ウエイトリフティングの場合は、練習でできているからといってもそれが試合での自信にはならない。練習では何回も挑戦できるけど試合では3回しかできない。でも『自分がやってきた』という事は脳裏には残っているから、それを自信にするしかない。それで試合当日にはもう開き直れて、声援を聞いたり観に来てくれていた両親や知り合いの顔を見たりして、だんだん落ち着いていきました」

 金メダルを獲得した瞬間は、嬉しさより「終わった!」という気持ちの方が強かったという。「五輪というのは誰でも同じだと思うけど、いざ始まってしまうと『勝っても負けてもいいから早く終わってほしい』という気持ちになるんです」と言う。

 東京五輪が終わった時の三宅氏は25歳になる直前。体力的にはまだまだ余裕があった。それに加えて6歳下の弟・義行が競技を始めていたので、彼にアドバイスをしながら競技を続けようと考えた。

「だから68年メキシコ五輪は楽でしたね。金メダルを獲るのが使命になっているわけではなかったし、弟と一緒に出場してたし」と言って笑顔を見せる三宅氏はフェザー級で五輪連覇を達成。弟の義行氏も3位になり兄弟で表彰台にあがった。

 最後に出場したミュンヘンでは、「もう33歳で、弟を指導しながら選手も兼務するという形になっていましたね。弟はバリバリ力を出していて、ミュンヘンのプレ五輪でも優勝していたから金メダルを狙っていたんです。でも直前になってケガをして出られなくなって、『それなら自分が』と3連覇を狙っていきました」という。

 しかし、ブルガリアの選手が上の階級から体重を下げてきたことや、体重がうまく減らなかったこと、ルール変更の知らせが遅かったことが重なり、4位とメダルを逃した。

 ミュンヘンを終えると指導者としてウエイトリフティングに携わり、76年モントリオール五輪から84年ロス五輪(※)まで全日本チームの監督も務めた。モントリオールではバンタム級とフェザー級の銅メダルを筆頭に入賞6。80年モスクワ五輪(※)は出場できなかったが、共産圏が出場しなかったロス五輪では、銅3個を含めて入賞9という成績を残した。

※冷戦の影響から、80年モスクワ五輪には日本を含む西側諸国が出場を辞退し、84年ロス五輪には東側諸国が出場を辞退した。

「正直、ロスは共産圏の選手が来ていたらひとつくらい順位が下がり、メダル獲得は難しかったでしょうね。僕が徹底的に教えたのはモントリオールで銅メダルを獲った安藤謙吉と平井一正までです。もう大和魂とかハングリー精神という時代では無くなっていて、練習内容も変わってきていましたからね」

 結局三宅氏が退いたあとの五輪は、88年ソウルは入賞5だが最高位は5位。92年バルセロナは入賞2に止まり、96年アトランタと00年シドニーは池畑大の4位と6位のみで、その後は入賞もなしと世界に置いて行かれる状況になってしまった。

「女子が五輪種目になった00年頃からは中学生から競技を始めるようになり、高校では フォームの基本技術をしっかり身につけられるようになりましたね。でも、技術で記録はそれなりに伸びるから、基礎体力をつけることを怠っているような面もあると思います。シニアになって本当に伸びてくるためには基礎体力は必要不可欠なもの。その面でも今の選手は野性味がないと思いますね。時代が変わる必要もあると思って僕は身を引いたけど、その中でコーチ陣が少し勉強を怠ったのかな、とも感じてますね」

 世界との明らかな差は練習量だと三宅氏は言う。例えば2時間のバーベルトレーニングをしていても、日本選手は実際にバーベルに触っているのは30分程度で、残りは休憩していると。「実際はそれが逆にならなければいけないんですよ。インターバルが短くなれば体にも負荷はかかるが、その分だけ肝機能なども強くなってくる。15秒開けたくらいでドンドンやれば、筋肉もそれに慣れていく。そういう辛さに慣れるということが一番大事なことなんです」

 世界と差が開いたことで、選手も諦めの気持ちを持たざるを得ない状況になっている。世界のトップと比較すると、日本のトップが持ち上げる重量が、世界では1階級下のトップ選手が持ち上げる重量と同じくらいになっているからだ。三宅氏は今の日本選手は練習時間も足りないし、創意工夫や栄養面での管理も足りないという。それに加え経済環境という問題もある。

「仕事の傍らに競技をするというのは難しいと思いますね。今は金メダルを獲っても食べていけないわけだから、ウエイトリフティングを足掛かりにして大学へ入り、就職するというのが恒例のパターンになっている。そうなると五輪も、参加することに意義があるという程度になってしまうから、世界の選手との次元がずれてきているんですね。五輪は金メダルを狙うところだから、金メダルを獲った選手とコーチにはそれなりの報奨金を与えて、本当に金メダルを獲ることを目標にさせなければダメだと思います」

 こう話す三宅氏は、今年ウエイトリフティングのマスターズ大会に飛び入り参加して、74歳でスナッチを40kg、クリーン&ジャークで60kgを挙げ、70〜74歳の部の62kg級で日本記録を樹立した。そのニュースを見た人たちから数多くの電話や手紙をもらい、自分の行動でいろんな人に勇気を与えることができているのかなと感じたという。

「NPO法人の"ゴールドメダリストを育てる会"を設立したのも、自分ができる範囲でスポーツに恩返しをしたいと思ったからです。東京国際大学の監督を引き受けたのも同じ気持ちからですね」

 NPO法人で試みるのは、健康体力管理のためのプログラム作りや栄養指導だけではなく、自分の経験から導き出した自分しかできないスポーツを通じての精神面の育成だという。それとともに、トレーニング指導もやっていきたいと話してくれた。

「2020年に向けて、私やこの"育てる会"を選手たちにうまく使ってもらえれば有り難いという気持ちですね。(今年)10月に福島県の郡山市に作った道場も、選手たちの練習に使ってもらうだけでなく、一般の方たちの練習とか、障がい者なども含めた地域の方々の基礎体力作りの拠点になればいいと思っています。そういう形で東北の復興にも貢献していきたいと思っているんです」

 11月に75歳になる三宅氏の思いは今、大きく広がろうとしている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi