アリアナ・グランデ、エボラ出血熱懸念でスペイン行きキャンセル

写真拡大

 アリアナ・グランデがエボラ出血熱の感染を懸念してスペイン行きをキャンセルしたようだ。

今後スケジュールを組みなおす

 スペインの看護婦、テレサ・ロメロさんがエボラ出血熱に感染したことを受け、アリアナは自身の健康を守るために予定されていたスペインでのPR活動を延期させたという。ある関係者はザ・サン紙に「アリアナのPR予定はキャンセルされました。アリアナの事務所側は感染のインキュベーション期間中にリスクを冒したくないんですよ」「もちろん、これを過剰反応だと受け止める人もいると思いますが、これが正しい決断だと一同同意したんです」「スペインでの予定を取りやめにするものではなく、今後スケジュールを確実に組みなおすつもりです」と話した。

 スペイン国内でエボラ出血熱が発症したロメロさんほか3人は現在完治したとされているものの、アリアナは今月中にスケジュールを組みなおす予定はないようで、来年になる可能性もあるようだと前述の関係者は続けた。「ギリギリのところで計画を立て直して、スペイン行きを再度予定することになってしまったんです」「アリアナは代わりに今、パリに行くことになっていますので、スペインに行くのは早くて11月になるでしょうし、年内には実現しないかもしれません」

 エボラ出血熱の蔓延により西アフリカでは多数の死者を出しているものの、ヨーロッパ内ではまだ感染は広がっていない。

Written&Photo by bangshowbiz