ガラパゴス諸島のゾウガメ 絶滅の危機から脱却

ざっくり言うと

  • ガラパゴス諸島エスパニョラ島のゾウガメが、絶滅の危機を脱した
  • 約50年前にはわずか15頭に減少していたが、現在は約1000頭にまで増えた
  • 一方ビンタ島で発見された近縁種のカメは、2012年に最後の個体が死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング