写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フジ医療器は11月1日、"極上のパーソナルケア"をコンセプトに新開発した「サイバーリラックス マッサージチェア AS-970」を、全国の家電量販店で発売する。

同製品は、ポイントをしぼった集中指圧を得意とした2つのもみ玉で、全35タイプのもみ技を実現したマッサージチェア。「VIPコース」「ソムリエコース」「スローストレッチコース」「エアーリラクゼーション」といった4種類の「30分専門コース」など、その日の疲れやコリに合わせて選べる21種類の自動コースを搭載している。

新機能の「部位集中ケア」は、首から尻までの各部位に合わせて集中的にマッサージする7分間のミニコースで、2種類のコースを設けている。

1つ目は2つ玉のもみ玉の特長を生かした「部位集中マッサージ」で、首、肩、肩甲骨、腰、座骨のそれぞれの部位に特化したもみ技により、しっかりともみほぐす。2つ目は「部位伸ばし」コースで、もみ玉とエアーバッグを組み合わせ、首すじ、背、腰の各部位を集中的にストレッチする。

独自のフレーム機構により、フルリクライニングの際にフラットに近い感覚を生む「ベッドポジション」を実現した。長時間座っていても、負担がかかりにくい。また、肩療(けんりょう)、腕、腰・骨盤、脚部・足裏の各部位には、全身を心地良く圧迫する強弱調節が可能なエアーバッグを搭載している。

(フォルサ)