『WIRED』監修のアルバム「The Art of Listening Vol.1」登場!「音のイノヴェイション」を堪能する必聴コンピ、予約開始!

写真拡大

『WIRED』日本版として初となる音楽プロダクトがリリース。BEAT RECORDSとコラボし、エレクトロニカやジャズ、現代音楽、テクノ、ミニマル…ジャンルやコンテキストを超えた、音楽の「新しい聴きかた」を提案する。Oneohtrix Point Neverの初CD化音源を含む“革新的コンピレーション”が生まれるに至った経緯とは。

「『WIRED』監修のアルバム「The Art of Listening Vol.1」登場!「音のイノヴェイション」を堪能する必聴コンピ、予約開始!」の写真・リンク付きの記事はこちら

The Art of Listening Vol.1
『WIRED』とBEAT RECORDSのコラボが実現。エレクトロニカ、ジャズ、現代音楽、テクノ、ミニマル…ジャンルの壁を越えた新しい「聴きかた」の提案 = The Art of Listening。Oneohtrix Point Never(ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー)の初CD化音源収録。ジャンルやコンテキストを問わず音楽の「新しい聴きかた」を提案する革新的コンピレーションだ。『WIRED』はこのコンピレーションの、企画・選曲・アートワークまで制作全体をプロデュース。amazon限定の特別限定版では、表紙にジェイソン・エヴァンズの作品を用いた『WIRED』最新号の特装版と音源をバンドルして発売。
収録アーティスト:Laurel Halo, Oneohtrix Point Never, Nico Muhly, Claude Speeed, Tyondai Braxton, James McVinnie, Sigbjørn Apeland, Arca, Jaga Jazzist, Nosaj Thing, Jozef Dumoulin, Nadia Sirota, Octave Minds, Amon Tobin
>>詳細はこちらの特設サイトへ!
>>amazonで予約する

昨年の音楽シーンにおいて、間違いなく最大の収穫のひとりだったOneohtrix Point Never(以下、OPN)のインタヴューが、このコンピレーションアルバムを生むひとつの大きなきっかけとなった。彼は、自身の音楽が向かう方向性について、WIRED.jpにこんなふうに語ってくれた。

「彫刻がそうであるように、(音楽)それ自体が自律して存在しているっていうのかな。単なる壁紙としてじゃなくてね」

──イーノの正統的後継者? 2013年ベストの呼び声も高いアンビエント/エレクトロの異才”OPN”との対話(WIRED.jp)

取材者のみならず、レーベルサイドのBEAT RECORDSの担当者もまた、その言葉にぴんとくるところがあったらしい。ほどなく「なんか、OPNが言ってるみたいな音楽を集めてコンピとかつくれないすかね?」という提案をもらった。もちろん『WIRED』は、ふたつ返事で「やろうやろう」、である。

BEAT RECORDSは、彼らが取り扱ってきたWARPNinja Tuneのアーティストを中心に、テクノ、エレクトロニカ周辺の作品をセレクト。一方の『WIRED』は、Vol.08の音楽特集で取り上げたアイスランドのレーベルBedroom Communityの作品などがふさわしかろうと、レーベルのファウンダーでもある現代音楽家のニコ・ミューリーの作品などを持ち寄った。そのほか、ノルウェーのジャズレーベルHubroや、フランスのジャズレーベルBeeJazzにも面白そうなものがありそうだ。選曲は、どんな仕事よりも楽しい作業となった。

選んだものすべてが「彫刻」のような作品であるかどうかは、聴いていただいて判断してもらうしかないけれど、選んだ15曲のなかに、ほかになんら共通している点があるとするなら、これらの曲が言葉で説明するのがなんとも難しい音楽だ、ということかもしれない。「これは一体どういう音楽なんですか?」。訊かれても、選んだ当人たちも、なんとも答えようがない。

いや、むしろ、話としてはことは逆で、領域横断的に自由な拡張をとげながら、ジャンルや言葉に規定されない新しい感覚を生み出しているのがいまの音楽の面白さなんだろうという認識から、あえて言葉にできなさそうな音楽を集めてやれ、と、出来上がったのがこのコンピレーションだと言って言えなくもない。言葉を離れ、どんどん自由になっていく音楽。そのサンプルとしての15曲。

実際こうして並べてみると、異ジャンルでありながら、実に良く似た肌合い、肌触りの音があることがわかる。インディロックとエレクトロニカとを絶妙に行き来するLaurel Haloと、NYの現代音楽シーンで独自の活動を展開するヴィオラ奏者のNadia Sirotaと、フランスの新世代ジャズキーボディストJozef Dumoulinを並べてみたら、案外すんなりと同じ聴き方で愉しむことができたりする。一見つながっていなさそうなものが「響き」を介してつながる不思議。実に、いまの時代の音楽の面白さはこういうところにある。

こんな聴き方を敷衍していくことができれば、ジャンルやコンテクストにひるむことなく、もっと自由に音楽と出合うことができるのではないか。というのが、このコンピレーションのひとつの提案だ。その音楽をなんと呼ぶかなんて、あとから考えればいいじゃないか。まずは、音の響きに、虚心坦懐に浸ってみよう。すべてはそれからだ。

本盤では、ジャケットのアートワークとして、ロンドンをベースに活動するフォトグラファー、ジェイソン・エヴァンスの作品を使用した。プリントされた写真に直接丸いステッカーを貼った「Tanuki Face」という作品だが、そこには一切の音楽的な参照がないにも関わらず、不思議と「音」の気配がする。さもありなん。エヴァンズは、レディオヘッド、フォー・テット、フランツ・フェルディナンド、クラクソンズ、オウテカ、シミアン・モバイル・ディスコなどのミュージシャンの作品に関わってきた人物でもある。

そのエヴァンズは、このコンピレーションでの作品の使用を、ふたつ返事で快諾してくれた。音源のリストを送ると「よく練られたコンピだね」とのコメント。この嬉しいリアクションが心強いお墨付きとなって、いよいよ制作スタッフは、「これはいける!」と自信を深めたのだった。

『WIRED』日本版として初となる音楽プロダクトは、エヴァンズの作品を表紙にあしらった特装版の『WIRED』最新号(Vol.14)と音源のダウンロードコード、そして特製CD-RがセットとなったAmazon限定版(11月25日発売)と、通常盤CD(12月6日発売)としてリリースされる。どちらもAmazonにて、ただいま絶賛予約受付中だ。デジタル配信も11月25日より。

The Art of Listening特設サイト

TAG

ArtArt of ListeningBeat RecordsHeadlineNewsMusicOneohtrix Point NeverVol14