庫内棚も清潔に保ちやすい強化ガラスを全段採用

写真拡大

ハイアールアジア(東京都千代田区)は、超大型冷凍冷蔵庫「AQR-FG50D」を2014年10月下旬から発売する。

「見せる家電」の時代、フレームレスガラストップデザイン仕上げ

省エネ、たっぷり大容量、使い易さ、デザイン、カラーバリエーションとユーザーの求めるニーズにすべて応える新商品は、冷気のカーテンを作ることで電力消費量を効果的に抑えて電気代を節約しつつも、食材別にしっかりと庫内の鮮度を守る「トリプルフレッシュルーム」を採用。トップガラスの美しさを重視しつつも傷がつきにくい強化処理ガラスを使用し、氷をいつも清潔に保てるよう給水タンクもパイプも丸洗いできる仕様に。1升びんも入るボトルラックや幅57cmのワイド容器にと、収納力抜群。6ドアで内容積は501l、選べるカラーはピュアホワイト・チャコール・スカーレットの3色で、価格はオープン価格。