左:西内まりや、右:有川浩『レインツリーの国』表紙

写真拡大

有川浩原作の映画『レインツリーの国』が、2015年に全国で公開される。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、『図書館戦争』シリーズや『阪急電車』『空飛ぶ広報室』などの作品で知られる有川による同名小説の実写映画版。中学時代の愛読書『フェアリーゲーム』について何気なく検索していたところ、『レインツリーの国』というブログに辿り着いた向坂伸行と、ブログの管理人・ひとみがメールを通じて距離を縮めていく様を描いたラブストーリーだ。

会ったことのないひとみに恋に落ちる男気のある主人公・伸行を演じるのは、同作が初主演映画となる玉森裕太(Kis-My-Ft2)。人に言えない秘密があり、頑なに伸行と会うことを拒むヒロイン・ひとみこと人見利香役を西内まりやが演じる。監督の三宅喜重をはじめ、有川原作の映画『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』のスタッフが再集結して制作されるという。

【玉森裕太のコメント】
(お話を頂いて)素直にすごく嬉しかったです。映画の主演を任されるのは初めてなので、気合いを入れて臨んでいます。演じる伸行は、真っ直ぐで、思ったことをはっきりと言う人で、僕とは正反対(笑)。また、サラリーマン役は初めてなので、友達にどんなことが大変なのかを事前に聞きました。現場は、賑やかで和気あいあいとして、とても明るいので、伸び伸びと楽しく撮影に参加しています。僕は人見知りするタイプですが、西内さんはとても明るい方で、気さくに話しかけてくれるので、楽しく共演できています。すごく真っ直ぐな2人の恋愛を描いた温かい映画なので、観てくださる方にキュンキュンして頂きたいし、2人の恋を応援して頂けるように頑張りたいと思います。映画の完成を楽しみに待っていてください。

【西内まりやのコメント】
映画に出演することは目標だったので、お話を頂いてとっても嬉しかったです。過去の出来事によって内向的になっているひとみが、1人の男性に出会っていろんな勇気をもらい、1つずつ壁を乗り越えていく姿や、周りの方の優しさや想いを受け入れて成長していく姿を大切に演じていきたいと思います。玉森さんは伸行のイメージそのままで気さくに話しかけてくださり、監督も、役についてアドバイスをしてくださって、リラックスして現場に入ることができました。ほっこり、そして勇気づけられる温かい作品になると思うので楽しみにして頂けたら嬉しいです。