エボラ出血熱の恐れで登校を禁じられた米女児 親が市を提訴

ざっくり言うと

  • 米北東部の7歳女児がナイジェリアから帰国後、市から登校禁止を告げられた
  • エボラ出血熱の兆候はなかったため、父親は不当だとして市と学校当局を提訴
  • 市側は理由を一部の教師や保護者が強く懸念していることだと説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング