小沢仁志、ディズニー好きを暴露され「『アナ雪』で泣いた」と告白

写真拡大

 東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU−GO』(監督鹿島勤、11月1日公開)の公開直前会見が27日、都内で行われ、哀川翔(53)、小沢仁志(52)、小沢和義(49)、浪岡一喜(36)、本宮泰風(42)、井上正大(25)、岩佐真悠子(27)の7人が登場した。出演者たちは今までを振り返り、撮影エピソードや暴露話を繰り広げた。

 まず話題に上がったのは哀川。小沢仁は哀川が現場にノンアルコールビールを持ってきて出演者に進めたときの話を上げ、「翔さん、自分だけ本物のビール飲んでいましたよね?」と秘密を漏らした。
 
 この話を受け、哀川は“コワモテ”の小沢兄弟が実はディズニー好きであることを暴露。小沢仁は「行っちゃだめなのか!」と突っ込むも素直に「『アナ雪』で泣いたよ。『マレフィセント』でも泣いた。あと『STAND BY ME ドラえもん』」と明かした。だが、暴露話は止まらず、本宮からさらに「ジェットコースターに乗れない」「クリームソーダ味のポップコーンを買うために2時間並んだ」と素顔を明かされ、「何で金払って危険な思いしなきゃいけねえんだ」と本音をポツリ。さらに好きなアトラクションについて「イッツ・ア・スモールワールド。心が洗われる」と話すなど、意外な発言を繰り返していた。

(撮影/鈴木鍵一)