https://www.fc-member.johnnys-net.jp/guest/kouen/popup_kmf14_ihan.htmlより

写真拡大

28日、ジャニーズ事務所は公式サイトに「オークション等出品による当選取消し一覧」を掲載し、転売目的で購入・出品されたコンサートチケットを無効にすると明らかにした。

インターネットのオークションなどを用いて、転売目的で購入したチケットを定価よりもはるかに高額に売買する例が後を絶たないことから、ジャニーズ事務所は、オークションでの出品が発覚した嵐とKis-My-Ft2のライブチケットを「転売目的」と認定して、無効にする措置を取った。

現在、ジャニーズの公式サイト「Johnny's net」の会員向けページでは「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」と「2014 Concert Tour 『Kis-My-Journey』」の東京ドーム公演分の「無効チケット一覧」を掲載中だ。

掲載されている一覧表では、現在、約80枚のチケットの「整理番号」と「座席」、さらに「オークションID」と「出品者名」を確認することができる。ネットオークションでは定価8000円のチケットを10万円以上で売買するファンもいるという、ジャニーズのコンサートチケットのうち、これらは氷山の一角と考えるべきだろう。

ジャニーズ事務所では、これまでもネット上でのチケット転売禁止を呼びかけてきた。2013年の10月に、嵐の全国コンサートツアーの転売チケットが大量に発覚し、無効扱いにしたことが、初の大掛かりな措置だったと言われている。

このときは「Johnny's net」から、ファンクラブの会員向けに、嵐のメンバーが動画で出演し、転売や違法チケットの利用を反対する声明が公開された。しかし、その後もネットオークションでは、チケットの転売が続いている。

無効とした席は、事務所側で再抽選して別の購入者へと割り当てられるとのこと。転売目的で買い占められた席だからか、良席が多い。

【関連記事】
小倉智明氏が「ラブライブ!」の人気に理解「チケットとかね、声優さんたちの、全然取れなくて大変なんでしょ」
伊集院光が「妖怪ウォッチ」転売騒動を容認「俺、買うと思うよ」
中居正広がSMAPコンサートでソロの時間にトイレ休憩が続出する実態を自虐