楽天キレイドナビ

写真拡大 (全4枚)

 楽天と東芝は、両社共同の専用基礎体温計と連動したスマートフォン用の基礎体温管理サービス『楽天キレイドナビ』の「体温タイプ判定」と「ホルモンバランスチェック」機能の判定データを調査・分析し、その結果を公開した。

 同調査は、7月1日〜9月30日の間、一定期間以上基礎体温測定の結果を記録した25歳〜44歳のキレイドナビ会員のデータをもとに行ったもので、サンプル数は非開示。なお、全体の集計値は、日本国内の25歳〜44歳の年齢別人口(2014年10月1日時点)を5歳刻みのウェイトに補正して算出している。

 全体の体温タイプ別の分布を調べたところ、ホルモンバランスが整った理想的な状態である「キレイ2層タイプ」の女性は、全体の約3分の1だった。最も多かったのは、高温期の体温が安定せず、体温が低くなる日がある「高温期ギザギザタイプ」で、全体の約40パーセントだった。「高温期ギザギザタイプ」は黄体ホルモンの分泌が安定しないため、妊娠しにくい傾向があり、原因としては、生活習慣の乱れやストレス、血液循環が悪くなっていることなどが考えられている。

 また、年代別で体温タイプを分析した結果、25〜29歳の女性の約1割が、ホルモン分泌そのものが不安定で、排卵していない可能性も考えられる「高温期不明タイプ」であることがわかった。体調や生理に乱れがあれば、ホルモンバランスの不調が原因とも考えられる。

 更に。年代別でホルモンバランスの信号を分析した結果、要注意状態であることを示す赤信号が最も多いのは、25歳〜29歳だった。この年代の赤信号率は約10パーセントで、健全な状態を示す青信号も、25歳〜29歳が最も少なかった。